アラフォーから、幸せな「恋愛結婚」をするには?

こんにちは。
ヒーラー・美容整体師・女のしあわせ研究家の珠艶です。

今日は、アラフォーから幸せな「恋愛結婚」をしたい女性のために、
心願成就のノウハウをご紹介したいと思います。

「ご縁結びの神社」に参拝するのも大切なことですが、
それだけでは、ちょっと難しいかもしれません。

何故なら神様は、ただ魔法をかけてくれるわけではなく、
その人の努力を応援して下さる存在だからです。

わたしが夫と出逢ったのも44歳。
まさに、アラフォー以降のことでした。

その経験と、多くのお客様を導いた経験から、
アラフォーから、幸せな結婚をするため必要なことをまとめて見ました。

ご興味ある方は、ぜひご一読になって下さいね。

とにかく「恋愛の場数」を踏むこと

年齢に関係なく、幸せな「恋愛結婚」をするためには、
年齢や外見以上の魅力を、内面に搭載していなければなりません。

そのためには、恋愛の場数を出来るだけ踏むのが一番です。

出逢いを自力で作れない人は、
婚活で相手を見つけるしかないのですが、
その場合も、「いいな」と思った人とどんどんデートしてみること。

じっと考えているだけでは、恋愛力は磨けません。

恋愛は最大の自分磨きだと思います。
何より異性に詳しくなりますし、
場数を踏めば踏むほど、
許容力や包容力を身につけられるようになるからです。

不倫に時間を使わないこと

アラフォーからちゃんと結婚したいなら、
不倫にハマり、自分をすり減らしている暇はないかもしれません。

将来性のある独身男性をいかに見つけるか、
未完な部分の多い独身男性とどう恋愛するか、に
情熱の矛先を向けましょう。

年下の「育て愛」も考えるようにする

恋愛対象を同年代に限定してしまうと、
既婚者ばかりに目が行ってしまう可能性も。

そこで、アラフォーになったら、年下の「育て愛」も、
恋愛の形として考えておいた方がいいかもしれません。

ただしこれは、恋愛のキャリアがある人向き。
つまり、バツイチの人にとってもアリだということです。

一方、婚活やお見合いの市場には
年上の女性を、結婚相手に望む男性はまだまだ少ないようです。
婚活で相手探しをしようと思う人は、
むしろアラフィフなど、かなり年上も対象に入れた方がうまく行くでしょう。

傷ついても「めげない強さ」を持つこと

全く傷つかずに、ステキな男性をゲットしたい…!
残念ながら、それだけは無理です。

ならば反対に、多少傷つこうが「めげない強さ」を持ちましょう。
幸せな恋愛結婚に行きつくためには、
多かれ少なかれ、ファイティングスピリッツが必要なんです。

結婚出来ない女性の多くは、
プライドを守ろうとするが故に、今まで何もしなかったか、
ファイトするのをやめてしまった人たちです。
傷つきたくないのなら、アナタもその道を選ぶしかありません。

男女の違いをきちんと学ぶこと

アラフォーになっても、
男女の脳の違いすらわからないようでは、
若い女性に完全に負けてしまいます。

少なくとも、「男のプライドは立ててあげるべき」
といった基本的なことだけは学んでおきましょう。

一度は「自分の好み」を疑うこと

今まで恋愛がうまく行かなかった人は、
一度自分の好みを疑っておきましょう。

アナタが衝動的に好きになってしまう相手と、
結婚して「共に幸せになれる人」とは、
全くタイプが違う可能性があるからです。

過去の失敗の理由を、ちゃんと内観すること

過去の恋愛の失敗を、相手のせいにしていませんか?
それではまた、同じ失敗を繰り返す可能性もありますが、
アラフォーになったら、もうそんな時間はないと思いましょう。

つい、うまくいかない相手を選んでしまっていないか、
男性にとって「やっかいな女性」になっていないか、
反対に、男を甘やかし過ぎてしまっていないか、
心無く、男のプライドを傷つけていないか、
逆に、自分が何でも我慢をし過ぎてしないか、など

自分の問題をちゃんと見つめて、
次回こそ改善しようと思っておく必要があります。

「等身大の自分」、「本当の自分」を受け入れること

いつまでも自分をお姫様のように思い、
男性に対し、高い理想を掲げてばかりいては
アラフォーからは流石に「痛い」と思われてしまいます。

思い当たる人は、そろそろ自分をフラットに見つめ、
「等身大の自分」を受け入れられるようになりましょう。

また、周りに合わせて生きて来たために
「本当の自分」を封印してしまっている人もいますが、
それでは、自分に合うパートナーがどんな人かもわかりません。

そんな人は、一度自分をきちんと見つめ、
「自分が本当はどんな人なのか」を、思い出すようにしてみましょう。

自分に「自信」を持つこと

つい、ダメンズばかり選んでしまう女性は、
自分にどこか自信がないのです。
中には、人から見たら美人で「いい女」なのに、
自分になかなか自信が持てない人もいます。

この傾向が強い人も、
アラフォーになったら、流石にそろそろ自信を持ちましょう。

自信を持つ根拠は、
「良いも悪いも精一杯経験して来た」
ということで充分。
自分の経験が生きる男性が、きっといることを信じましょう。

女性としてのキャパを広げ、優しさを深めること

アラフォーから幸せな恋愛結婚をしたいなら、
大人の女性ならではの魅力を、身に付けなければなりません。

そのために一番必要なのは、キャパシティを広げることです。
物事の視野が狭く、他人に対する偏見が強い人は
異性から「さすが、大人の女性だな…」とは思ってもらえません。

よく、文豪が女性を「母なる海」に例えることがありますが、
そんな女性こそが、年齢に関係なく異性から求められる、
大人の「いい女」です。

様々な価値観があることを受け入れ、
深い優しさを磨きましょう。
そして自分だけでなく、他人の幸せを考えられる人になりましょう。

「若さ」を保つ努力をすること

結婚するまでは、
是が非でも「適齢期の美しさ」を保つよう頑張りましょう。

まずは、男性を求める気持ちを持つこと。
それこそが、アナタを若く保ちます。

結婚への過剰な執着を断つこと

意外に思うかもしれませんが、実は効果的。
「結婚したい!」が執着化してしまうと、
かえって引き寄せの弊害になる場合があるからです。

それに、結婚への執念を燃やしている女性は、
男性から見ると、なんとなく怖い。
それ故、折角の出逢いを逃してしまうかもしれません。

男性を求めつつも、
結婚への執着を断つって難しいかもしれませんが、
こう考えて見たらいかがでしょう。

「女性として、精一杯、運命のパートナーを求めるわ。
でも、もし結婚出来ても出来なくても、わたしはわたし。
どちらであっても、わたしらしく堂々と生きて行くわ」

わたしも夫と出逢う前は、こんな心境でした。
ご参考になればと思います。

如何でしたか?

実は、私たちのサロン、レボルシオンの
「姫神ヒーリング」を定期的にお受けになっている方には
ご紹介したような流れが、自然に出来て行くのです。

勿論、素直に流れに乗れる人と、そうでない人がいますが、
素直に乗っていただきさえすれば、
「愛される女性」になって行けることは間違いありません。

気になる方は、ぜひ一度お受けになって見て下さい。
きっと、幸せになりたいアナタのお役に立つと思いますよ。

ヒーリング&美容整体
レボルシオン

https://revolucion.jp

 

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヒーラー、美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。