今こそ「靈氣」を活用しよう

こんにちは。
ヒーラー・美容整体師・占星術師・女のしあわせ研究家、珠艶です。

私たちのサロン「レボルシオン」では、
靈氣(レイキ)の源流である
「直傳靈氣(じきでんれいき)」を師範としてお教えしています。

今までにお教えした人数はおよそ200名。
個人サロンとしてはかなりの数になって来ました。

靈氣は大正時代に日本で生まれ、世界中に広まった「手当て療法」。
それはあらゆるヒーリングの基礎ともいえるもの。

手を当てるだけで、人や自分を癒し活力を与え、
元気にすることができる素晴らしい療法です。

ホリスティック先進国のヨーロッパやアメリカでは
医療従事者も数多くその癒し効果を認めて修得しており
一部の国では、医師の処方で健康保険が適用。

日本は他の先進国に比べ
ホリスティックの概念が極端に遅れているのでうらやましい限りですね。

一言に靈氣といっても、
伝わってきた経緯から今や沢山の流派があります。

しかし、私たちの場合は初めから、
最も原点に近いと言われる「直傳靈氣」とのご縁があり、
長年それを貫いています。

直傳靈氣の効能に充分満足できるものがあるので
他の流派を学ぶ必要性を感じなかった、
と言った方がいいかもしれません。

直傳靈氣は日本で生まれ、日本で育まれた純粋な靈氣。
だから、外国経由のものとは異なり、
日本人が本来持つ「和の精神」が生きています。

あらゆる靈氣の中でも
日本人の感性に最も合ったメソッドではないかと。

やり方の基本は、いたってシンプル。
宇宙や神仏の領域からもたらされる高波動エネルギーを受け取り
手を当てて流すだけ。

まさにハンドパワーの原点といった感じです。

方法はシンプルですが、
探求すればするほど無限大に世界が広がる。
そこが何よりもの魅力だと思います。

やればやるほどパワーが上がり
リーディング力も的確になって行く。
努力次第で結果がどんどん出せるようになります。

講座で霊授(アチューンメント)を受けていただくと、
どんな方も高波動エネルギーを自分で受け取れるように。

更にハンドパワーを通じ、
人や自分を元気にすることができるようになるのです。

ヒーリングと一言でいっても様々で
中には最初から高度な第六感を要するものも。

私たちはプロとして
そのようなヒーリングも多々ご提供してますが…

靈氣は、特殊能力は必要なく難しくありません。
人間であればだれにでもできる。
やりながら必要なだけ感覚が開いて来る方も多く、
どんな方も無理なく続けていただけます。

だからとても家庭内療法に向いている。
お母さんの手が「本物の魔法の手」になる、
そんな感じでしょうか。

靈氣は遠隔(離れた人にヒーリングすること)も出来ますが
習ってさえいただけたら
どなたにも出来るようになるのが嬉しいところ。

しかし、方法はシンプルでも決して侮れない
素晴らしいパワーと結果。

それはヒーリングの根本が
いかに上質なエネルギーを流せるかに尽きる、
ということを示しているのです。

靈氣がしっかりできるかどうかは
結果を出せるヒーラーになるための登竜門であり、
バロメーターと言えるかもしれません。

そうですね、ピアノでいえば基礎練習。
絵画でいうとデッサンの技術でしょうか。
デッサンが素晴らしいからこそ、
抽象画が描けるのと同じことになります。

ここをすっ飛ばして難しいことを学ぼうとしても
なかなかうまく行かないのが現状です。

靈氣は生命エネルギーそのもの。
日常のちょっとした不調は靈氣で癒せてしまう。
その恩恵は、随所に計り知れないものがあります。

だからこそ、
世界で最も愛好者の多いヒーリングとなったのでしょう。

近年では、私自身もこんな経験をしています。
父が亡くなる前のこと。
血圧が下がり余命いくばくもない病床に駆けつけ
手を握り靈氣を流しました。
無我夢中で1時間だったか2時間だったかは覚えていませんが、
気付くと血圧がほぼ正常に。
(これには医師や看護師も驚いていました)
お陰で一か月ほどですが、
父と別れの時間を過ごすことが出来ました。

こういうことがあるたび、
改めて直傳靈氣の素晴らしさに感動させられます。

これからの時代、
靈氣はもっともっと必要となってくるかもしれません。

何故なら靈氣は、
人間が本来持つ生命力と潜在能力、
優れた感性を目覚めさせてくれるから。

物質社会の発展で、逆に感性が鈍り

物と形に頼ることしか出来なくなってしまった人間に
エネルギーレベルでの可能性を示してくれるのです。

薬のみに頼らず、それでも元気に生きるためには
私たちは閉じてしまった能力を
開ける必要があるのではないでしょうか。

人間には本来、
想像以上の可能性が備わっているからです。

レボルシオンの講座は
広めの清潔な個室をご用意し、
お一人様からゆったり学べる講座のスタイルなので
「今の時期は特に安心できる」という声を
複数の方からいただいています。

例えば、こちらのお部屋に講師と生徒さん一人。
窓もしっかり開けられるので、換気や除菌に気を遣っています。

もちろん講座中は手洗い・手指の除菌もしていただけますし
マスクの着用もOKです。

また、私たちのサロンでは、定例の講座日以外にも

その方のご希望に合わせて
講座をお組みすることが可能です。

直傳靈氣講座は、

前期(3時間講座×3回)
※人と自分に直接手を当てて行う靈氣と、
優しいリーディング法などを学びます。

後期(3時間講座×2回)
※心癖を改善する靈氣と、各種遠隔法を学びます。

で構成されており、

最短で学びたい方は、3日で修得が可能。
3時間ずつ5日間かけて学ぶことも可能です。
(続いた日程でなくてもOK)

受講料も、前期 49,500円(税込)
後期 44,000円(税込)
と、ヒーリングとしてはとても身近な価格設定。
しかもこれは全世界共通。

「まずは前期だけやってみたい」
というのでも大丈夫です(*^^*)

「ヒーリングを学んでみたいけど
まずは安心できるものから…」
という方にはとてもおススメかと思います。

「こういう時期だからこそ、
何か役に立つこと、元気になれることを学びたい」
という方もおられるかもしれません。

ご興味のある方は

ご検討になってみては如何でしょうか。

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ。

↓ 直傳靈氣 講座の詳細はこちら

ヒーリング・美容整体「レボルシオン」は
お客様にご愛顧いただき、お陰様で創業11年。
震災後東京から移転、東北・仙台の地に根付いて8年。
2019年、仙台市からもその努力を表彰されました。

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUTこの記事をかいた人

ヒーラー、美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。