珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

私たちは「LGBTQ」をリスペクトしています

こんにちは。
ヒーラー・占星術師・美容整体師・女のしあわせ研究家、珠艶です。

私たち夫婦は、性的マイノリティ「LGBTQ」の方々をリスペクトしています。
今日はそのことをお伝えしたくてブログを書かせていただきます。

あまりご存じない方のためにお書きしますが

LGBTQとは
L → レズビアン(性自認が女性の同性愛者)
G → ゲイ(性自認が男性の同性愛者)
B → バイセクシュアル(男性・女性の両方を愛することが出来る人)
T → トランスジェンダー(身体の性別と性自認が一致しない人)
Q → クエスチョング・その他(自分の性別がわからない・模索中の人など)
を意味しています。

そのような方々が日本にどのぐらいおられるかというと
今や10人に1人ぐらいはいる、と言われているそうです。

「そんなに多いの!?」と思いませんか?
もはやマイノリティとも言えない多さ。

しかし日本には、未だに古い価値観を持つ人が多いため
カミングアウト出来ない方がかなりいらっしゃるのだと思います。

残念なことに、日本では未だに様々な差別が横行しています。
例えば、同性愛者の婚姻が正式に認められていないため
LGBTを中心とした団体は長年政府に訴えかけています。
更に根本的なこととして、差別をやめるよう訴えかけているのです。

しかし最近、●民党女性議員からの
性的マイノリティの方々の結婚に対する
差別的中傷とも言える発言がニュースになりました。

女性議員は「道徳に背いている」と言ったそうですが…

なんて古臭い偏見でしょうか。
それって道徳じゃなくて、偏見です。
悩める人の心を傷つけた上、
「道徳」の概念を取り違えたあるまじき発言。

そもそも道徳とは何か。
人間には様々な価値観があってしかりなのですから
違いを認めて尊重することこそが「道徳」です。

そうでない限り、人類に真の平和など訪れないでしょう。

それに結婚を、子供を持つ目的で行うべき行為と決めつけるのは、
いかがなものでしょうか。

それなら、子供のいない夫婦や、晩婚の夫婦は
道徳に背いてるのかって話 怒

夫婦が互いの愛だけで添い遂げられると信じられない人の、
実に残念な発言だと思います。

これから多様性を受け入れない国など、
国際社会から認められなくなるというのに…

以前問題となった女性蔑視発言もそうですが、
日本がいかに先進諸国から立ち遅れた
「井の中の蛙」の国であるかを露呈したようなものでしょう。

LGBTQの方々の気持ちを考えると胸が痛くなりますが
憤慨はこれぐらいにして…

今日は、今まで私たち夫婦が経験してきた
LGBTQの方々とのご縁について少しだけお話してみたいと思います。

私たち夫婦は東京時代、それぞれがレズビアンやゲイ、
トランスジェンダーの方などとの交友関係がありました。

そもそも芸能界にはそのような方が多いので、
普通にお友達として付き合っていましたし、
お客さまにもLGBTQのどれかの方がそれなりにいらしたと思います。

繊細で優しい方が多く、
素晴らしい感性や才能をお持ちの方も多くいらっしゃいました。

私たちは性的マイノリティの方にしか描き出せない
究極の美意識や芸術の世界があることを知っています。

実際に、世界のトップクラスの芸術家の中には
LGBTQの方々が沢山いらっしゃいます。

私が一番好きなロシアの作曲家・チャイコフスキーも今でいうLGBTQです。

例えば「白鳥の湖」には、完全な男性や女性には作り出せない
究極の美の世界があると思います。

因みに私は若い頃、
レスビアンの女性から求愛してもらったことがあります。
彼女はとても繊細で優しい女性でした。

自分にとってアリかどうかを真剣に悩みましたが、
やはり、私にとっての恋愛対象は男性でした。

結果、お断りをさせていただいたのですが
同じ女性を傷つけてしまったことに
とても切ない思いが残ったことを覚えています。

でも、女性が女性を好きになること、
男性が男性を好きになることは、
人によってあってしかるべきことだと思っています。

また、過去に行ったセッションの中で
最も波動の高さを経験した一つが、
あるゲイの芸術家の方へのセッションでした。

カウンセリングの時から雲の上にいるようで
それは素晴らしい時間だったことを想い出します。
多くの神々が降りて来て、
正真正銘、魂のセッションをさせていただきました。

また私たちは、トランスジェンダーの方と
お仕事で関わったこともありますし、
クエスチョングの方のご相談に乗ったこともあります。

ですので、彼らが差別されるのは納得できません。
何故なら、中身の素晴らしい方が沢山いるからです。

私たちは、LGBTQの方々が悩みに悩んだ末、
自分らしさを選んだことを
多くの人にリスペクトして欲しいと願っています。

そして日本も諸外国のように
性的マイノリティの方々の婚姻が認められるようになることを
心から願っています。

夫の大智も俳優時代
ゲイのクリエイターさん達に大変お世話になった経緯があります。
ですので彼も、普通にLGBTQの方々を尊重しています。

彼の方が年齢が若い分、
私よりもっとフラットに交流してきたかもしれませんね。

ただ私たちは、個人的には性的にノーマルですし、
男女で夫婦になった人間ですので
すべてを理解できるとは言えないかもしれません。

しかし少なくとも偏見だけはありません。
その方の個性と受け止め、リスペクトしています。

そして、LGBTQだからこその優しさや繊細さ、
素晴らしさがあることをよく知っている人間です。

そしてもし、私たちに出来ることがあるならば
サポートさせていただきたいと思っています。

例えば、カウンセラー・ヒーラーとして
お悩みをお聞きすることができるかもしれません。

プロのヒーラーやセラピストになりたい方がいれば
サポートさせていただけるかもしれません。

東京にはそのような団体やコミュニティ、
サロンなどが色々あると思いますが

東北には、安心して自己開示していただける場所が
まだまだ少ないのではないかと感じています。

もし今、マイノリティに悩んでいる方、
苦しんでいる方がいらっしゃいましたら

「レボルシオン」というヒーリングサロンがあることを
頭の片隅に思い出していただければ幸いです。

「レボルシオン」は自己改革と言う意味もありますが
実は、レインボー&シオン(虹の丘)という意味もあります。

人々の多様性に応えるサロンでもあるのです。

私たちはLGBTQの方々をリスペクトし歓迎しています。
守秘義務も御守りしていますので、
安心していらしていただけたらと思っています。

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。