珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

【連載】年下の夫を「立派な男」にする秘訣 vol1

 

こんにちは。女のしあわせ研究家の珠艶です。
久々のブログ更新です。

今回から、

年下の夫を「立派な男」にする秘訣
というテーマを書かせていただこうと思います。
連載と言っても、別のテーマを書いたりしながら

ランダムに進めて行くと思いますが

ご興味ある方は、よかったらお付き合いくださいませ。

何故、このテーマを書こうと思ったかと言うと、
夫に、強く勧めてもらったからです。

「ちゃんが僕にしてくれたことは、多くの女性が知りたいことだと思う。
男性だってきっとありがたいはずだ」

(私は家で夫から「ちゃん」と呼ばれています 笑)
と、言ってもらいました。

それで、おこがましくも書かせていただこうと思ったワケです。

確かに最近は、キャリアがある女性と、年下男性のカップルが増えていますよね。
うちも、16歳の年の差があります。

初めて出会った時、夫は28歳、私は44歳。
私は、すでに美容整体師としてキャリアを積んでいて、

店長をしていたサロンも成功していました。

更に起業家としても、16年のキャリアがあったのです。

夫は、約9年の俳優生活を経て、

ヒーラー・整体師に転身する前の、一番悩んでした時期でした。

しかし、諸々キャリアに差があったにもかかわらず、
8年ほどで、夫が私を見事に追い越しました。

数年前、ヒーリングサロンや会社の代表を、名実ともに夫に交代。

私は晴れて、夫からお給料をいただく身に。

夫は、ヒーラー・整体師に転身して以来、年々成長を続け、

ここ数年で、更に目を見張るほど急成長。

37歳にして、16歳年上の女房を守れる男になったのです。

今年に入って、本当にお腹に落ちたこと。
それは、
「これからはもう、まっすぐ夫について行けばいい。

その中で私は、自分が出来る奉仕をやって行こう」
ということ。

夫を信じて、頑張って来た約9年、もうすぐ10年になります。
二人で様々なことを乗り越えましたが、

選んだ道に、間違いはなかったと思います。

しかし、そんな私も、過去には失敗した経験も。
若い頃は、年下の男性のプライドを折ってしまい、
働けない男にしてしまったこともあるんです。

ですので、過去の教訓や経験を、夫にはすべて生かして来ました。

どうしたら、男性の才能を引き出せるのか
どうしたら、男性に自信をつけさせてあげられるのか
どうしたら、男性の尊厳を確立できるのか
どうしたら、男性のプライドを折らずにいられるのか

女房として必死に考え、悩みながらも力を尽くしました。

自分の立場や働き方も、夫の成長に合わせて変えてきました。
それが、いずれ自分のためでもあると思ったからです。

親に何をいわれようと、ぶれなかった。

自分の過去の栄光にさえこだわらなかった。

何故って?

私は9年前、強烈な光が、彼の魂の核から漏れているのを

見てしまったことがあるからです。

その光は、人を救う光でした。

その光は、きっと私にしか引き出せない。
そんな、「理由のない確信」がありました。

さて、導入はこれぐらいにして…
次回は、珠艶流・男性の育て方を具体的にご紹介します。

一人でも多くの、ご縁ある方のお役に立ちますように。

ヒーリング・美容整体「レボルシオン」

女性が落ち着ける空間をご用意しています。
ぜひ一度ご覧くださいませ。

o1500067814187879352.jpg
https://revolucion.jp

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。