珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

【2022年5/16 蠍座満月】世の中は経済が動く兆し、個人は囚われを手放すチャンス

こんにちは。
ヒーラー・占星術師・美容整体師・女のしあわせ研究家、珠艶です。

「女のしあわせ研究室」をお読みいただきありがとうございます。

私も今年から木星×牡羊座にあやかり、
新たな取り組みを始めることにいたしました(*^^*)

大きな時節の天体トピックスは勿論、
新月・満月を含めた毎月の星読みを、
出来る限りブログに書いて行きたいと思います。

そのため更新が増えます!

天体配置図の分析を元に、
インスピレーションやリーディングを交えつつ
私の持ち味である「リアルな世相を反映した星読み」、
「日常生活のヒントになる星読み」をお届けして参ります。

仙台のヒーリングサロン「レボルシオン」においては、
ホロスコープの個人鑑定は勿論、
カウンセリング・ヒーリング・美容整体も行っておりますので、
合わせてお引き立ての程、何卒よろしくお願いいたします♪

さて、2022年5月16日(月)13時13分は蠍座の満月です。
(フラワームーンと言われています)

新月は願い事をするのに向いていますが、
満月はどちらかというと「手放し」です。

もうすでに満ちたもの、いっぱいいっぱいになったものを
満月のエネルギーに浄化してもらうのです。

今回の蠍座の満月には、どのような意味があるのでしょうか。

国は主に海外問題、国民は身近な経済。改良しつつ努力を実らせる

※ 全国の世相を見るため、場所は首都・東京にしていますが、
日本は意外と狭い。仙台もチャート内容はほぼ変わりません。

5月16日の満月のチャートを見ますと、
政府を示す太陽の牡牛座×9ハウスと、国民を示す月の蠍座×3ハウスが
オポジション(180度・対立関係)の関係にあります。

それが社会のルールなどを示す土星の水瓶座×6ハウスと
二転三転して改良を加える関係、Tスクエアに。

太陽が牡牛座、月が蠍座という配置を観るだけでも
満月前後は、入るもの・出るもの共に
大きく経済が動くことが予測されます。

国はウクライナ問題を受け、外交に懸命です。
こうなってしまった以上、これも国として必要なこと。
もしかすると、追加の経済支援もあるのかもしれません。

だからといって、国民を忘れているワケでもないでしょう。
ただし、今後のコロナ対策には二転三転がありそうです。

国民は国民で、GWで感染が増えたとしても
自力で経済を回して行くしかありません。

今年は各地で3年ぶりのイベントが目白押しですが、
ホロスコープからも、様々なイベントで経済が動くことや
実現に向けて人々が努力する様子を感じることが出来ます。

今回の満月チャートには、
努力を実らせるアスペクト「小三角」がいっぱい。
政府も国民も、それぞれがなすべき努力を頑張る、
そんな様子を伺うことが出来ると思います。

身近な問題に答えを出し「囚われや執着」を手放すチャンス

月が蠍座×3ハウスにあることを考えるに、個人においては
「身近な問題に何らかの答えを出し、過去の囚われや執着を手放す」
といったことがテーマとなりそう。

蠍座には、大きなお金や組織と言った意味もありますが、
個人においては、探求心や集中力・深い情といった意味もあります。

また、ちょっと怖そうに感じるかもしれませんが
「死と再生」といった意味もあります。

ここがよく誤解されがちですが、
多くは本当に怖い意味ではなく、こんな真意があります。

蠍座のエネルギーには
「答えを見つけるまで探求する」という特徴があり
一度思い入れを持ってしまったことに
意識が深く刺さってしまう傾向があります。
(だからヲタクの星とも言われます)

そのため、一つのことを終わらせて次に行くには
意識の中でではありますが、
擬死再生的なプロセスを踏む必要があるのです。

つまり、蠍座の満月には
今まで集中的に思い入れて来たものや、
ハマって来たものに一旦幕を降ろし、
新たな世界へと再生させるパワーがあると考えてよいでしょう。

それが3ハウスにあるということは、
身近な関係、身近な場所、身近な情報や発信(SNSやYouTubeなども該当)
普段のコミュニケーション、あるいは基礎的な考え方、
といったことがキーワードになります。

あなたの中にもし、
すでに疑問や、限界を感じている物事があるなら
今回の満月は勇気をもって手放すチャンスかもしれません。

その時必要なのは、自分の心に嘘をつかないこと、
自然な流れに逆らわないこと、
過去からの囚われや執着に引きずられないこと、
そして、次なる未来を信じることです。

蠍座は浄化やデトックスも意味しています。
今回の満月パワーが、
今後のあなたに役立つことを心から祈っています。

5月16日「蠍座・満月」の祈り方

満月は新月と違って、
これからの願いを祈るより、手放したいことを祈った方が
エネルギーがシンクロしやすいと思います。

5月16日(月)は、13時13分に満月となりますので、
特に午後の時間が祈りを捧げるのに有効です。

ボイドタイム(エネルギーが空になる時間)は
同じ日の18時29分~20時51分です。
(この時間は避けていただいた方がいいでしょう)

一般的には、満月から8時間以内が良いとされていますが
難しい場合、21時以降でもよいと思います。
やむなく21時以降になる場合は、出来れば早めの時間がお勧め。

また、手放したいことを意思を込めて紙に書き、
満月の光に当て、浄化していただくのもお勧めです。

次回は、5月30日(月)双子座の新月です。
近くなったらブログをアップしますので、お読みいただければ幸いです。

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』
ABOUT US
じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。