珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

【2021年9/21魚座満月・中秋の名月】ココロに宇宙意識を。あなたの究極の奉仕とは?

こんにちは。
ヒーラー・占星術師・美容整体師・女のしあわせ研究家、珠艶です。

本日、2021年9月21日8時55分は魚座の満月。
そして、中秋の名月です。

今は明け方ですが、我が家のベランダからは
地平線に沈みゆく美しい満月が見えています。

そして本日は、わたくし珠艶の58歳の誕生日、
また、私たち夫婦の結婚記念日でもあります。

なんだか色々重なる満月なので
満月からのメッセージを受け取ってみました。

【満月からのメッセージ】あなたの究極の奉仕とは?

「あなたの究極の奉仕は?」
それが今回の満月からのメッセージです。

確かに今日の満月は魚座の28度~29度という
12星座の一番最終の配置。

魚座は現実の領域を超えた奉仕。
人智を越えた優しさと思いやり。

また、月末にかけては日本の社会にも
「一国の主が変わる」という終焉と始まりがありますので、
今日の満月の配置も納得です。

また、別の角度で捉えると
今の自分が出来る「究極の奉仕」を考える期間とも言えそう。

究極の奉仕とは、人の我欲を捨てた境地。
まさに宇宙意識と言えるでしょう。

「本当に相手のためになることとは何か」
例え自分の欲求は叶わなくても、
我欲を捨ててそれを考えられるか。

私はずっと宇宙に試されて来たと思ます。

そして実は、多くの人も試されているのだと
感じることが多々あります。

その境地に達した時、人は宇宙のエネルギー循環の波に乗る。

奉仕は循環し、巡り巡って
宇宙からのギフトとなって返って来ます。

宇宙が与えてくれるギフトとは、
我欲とは別次元の、実は未体験の幸せ。

そこには驚きと、発見と、至福と、安心と
究極の満足感があります。

奇しくも昨日は、県内のある場所の
長年お世話になっている方のサロンに伺っての
終日に渡る整体+ヒーリングのセッションでした。

その方はいつも、
私たちにご縁あるお客様をご紹介下さるのですが、
ご本人も頭が下がるほどの奉仕の方。
常に誰かのために奔走し、心を尽くしている方です。

昨日は一日奉仕のエネルギーに満ち溢れ、
同志と呼べる人と奉仕を語り、
心身が疲れた方々への奉仕に全力投球した一日でした。

身体は疲れましたが、やはり圧倒的な達成感。
「ああ、これこそ私が出来る奉仕だ」
と原点に立ち返り、思わせていただいた一日。
満月を前に、心から感謝です。

あなたにとって奉仕とは何でしょう。

あなたも「自分に出来る奉仕とは?」
とご自身に問いかけてみませんか?

今日は、そんなことを胸にお過ごしいただくと
満月がパワーを与えてくれるかもしれません。

満月図に学ぶ。「誠実な説明」こそが重要な半月間

さて、9月21日の満月図です。
わかりやすく、シンプルなチャートで出してみました。

満月チャートが示す意味は、
だいたい次の新月まで有効と考えていいでしょう。

満月当日が最も強い状態で、
だんだんエネルギーが薄くなって来るイメージでしょうか。

世相的にざっと読みますと、
やはり今の総裁選+コロナ自粛など感染対策のことなどが
全体的に示されていると思います。

最も注目すべきは、
政府を示す太陽×乙女座×11ハウスと
国民感情を示す月×魚座×5ハウスの
オポジション(180度・対立関係)を
冥王星×山羊座×3ハウスが調停していることでしょうか。

政府は広く国民に総裁選をアピールしています。
情熱の星・火星がコンジャンクションしていることでも
その白熱ぶりを感じることが出来ます。
連日の討論会などの様子にも表れていますよね。

一方、国民はまだ表向きは自粛中。
そろそろ動きたいけど大都市圏においてはまだ宣言中。
やはり表立っては遊べない。
月にかかる魚座や、近くに寄り添う海王星が
とてもファジーな状態を表わしていると思います。

「いったいどうすれば…」「本当に大丈夫なの?」
そんな漠然とした不安を持つ方も多いかもしれません。

そんなギャップを埋めてくれるのが
調停役である冥王星×山羊座×3ハウスです。

今回の場合、調停役となるエネルギーは、
「きちんとした公的な説明」と読めるでしょう。

デルタ株、治療薬、ワクチン、第5波、
今後経済活動はどうなって行くのか、
国民は政府に具体的に示してもらいたい。

また、今まで不具合だった社会制度やルールが
近い将来改革・改善する期待を持たせてくれることでしょう。

ここ一年の政権においては、
政府が国民に対し、誠実な説明をして来なかったことが
失敗の原因だったと言われています。

ふと思うのですが、これは政府だけでなく、
多くの人にもいえることではないでしょうか。

政府に限らず、個人においても
日本人はとかく自分のことに関し説明不足になりがちです。

ぶつかることや、嫌われることを避けるために
明確に言うことを避け、
言葉足らずやファジーな表現をしてしまう。
あなたも思い当たることがありませんか?

しかしこれは人に、不安や誤解を与えるだけ。
相手に明確な情報を与えないのに
「わかって欲しい」はないでしょう。

人によっては「なんでわかってくれないの!」
となってしまう方もいますが、さすがに傲慢というもの。

実は、自分をちゃんと説明することは、
人に対する思いやりなのです。

情報なしに考えさせられることほど
人にとって困難なことはありません。

つまり、自分が説明しなければ、
相手に心労をかけるだけなのです。

つい反対のことを言ってしまう方も注意が必要、
それでは誤解されても仕方がありません。

特に相手にリスクのありそうなことほど
ちゃんと伝える方が思いやりだと思います。

めんどうでも、怖くても、
人はきちんと説明さえすれば解り合えることが多いもの。

自分を説明すること、大切ですね。
「言わない」のはだいたい結果として逆効果に。
大切なのは言い方なのだと思います。

特に東北の方は
自己開示が苦手な方が多いように感じます…
「もし誤解されたら我慢するだけ」
という方も多いですよね。

そこに疑問を感じていない方も多いです。

でも、我慢のし過ぎで身体がガチガチ…
という方もよくお見掛けします 汗

文化と言えばそうなのかもしれませんが、
これからの時代を考えると、
少しずつでも自己開示に慣れていただいた方がいいかもしれません。
その方が圧倒的にストレスが軽減すると思いますよ。

今回の満月には、
そんな具体的なメッセージもありそうです。

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。