珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

風の時代を生きる④ 日本人に必要な精神哲学

こんにちは。
ヒーラー・美容整体師・占星術師・女のしあわせ研究家、珠艶です。

風の時代は知性の時代、
そんな時代生きるにあたり、日本人に必要だと思うこと。

それは、一人でも多くの人が
モラルの高い精神哲学を身につけることだと私は思います。

私は、日本人が今のままでは
この先の「風の時代」について行けなくなることを懸念しています。

もしかするとこのままでは、
本当に気付かざるを得ないようなことが起こってしまうかもしれません。

日本人は「土の時代」に多くの精神性を抜かれてしまいました。
理由は過去の敗戦など色々とあるわけですが
もう、他国のせいにしている場合ではないと思います。

日本は経済と技術を発展させて来ましたが、
反面、人の精神的な成長を軽視してしまった。
そのことが今まさに、自国を苦しめているのです。

でも、時間は充分あったのです。
気付こうをしなかったのは社会の自己責任かもしれません。

形や物・お金さえあれば、法に触れさえしなければ
何をしても良いといった考え方が、
特に社会を動かす人や、立場のある人たちにあるのは大問題です。

例えば、
利益のためには嘘をついても良い。
身内の利益最優先で他人のことなどどうでもよい。
何にでも上下を作り、誰かを蔑視して自分を保つ。
地球や自然のことなどうわべでしか考えない。
欲求をコントロールする必要性を理解できない。
何故、感謝が必要なのかがわからない。
保身のために間違いを認めることも、反省を生かすこともしない。
他人に嫉妬しいじめることを恥ずかしいと思わない。

如何でしょう、日本人あるあるですよね。
あなたが知る範囲にもこういった方はいるのではないでしょうか?

勿論、障がいが理由で難しいという場合もあると思いますが、
一般的には、精神性が幼いことの証明です。

世の中を牽引する人が精神的に幼いようでは
幸せな社会など出来るはずもありません。

では、精神性が大人で、
人としてのモラルが高い人はどう捉えて、どう考えるのでしょう。

① 精神性が高い人は、嘘をつくことに最低限罪悪感を持ちます。
② 精神性が高い人は、自分や自分の身内だけでなく、他人の利益や幸せも考えます。
③ 精神性が高い人は、多様性という現実を受け入れ、それぞれの違いを尊重します。
④ 精神性が高い人は、過去の人類の過ちを認め、地球と人間の共生を考えようとします。
⑤ 精神性が高い人は、欲求が行き過ぎると破滅に向かうこと知っているため、理性をもって自分をコントロールします。
⑥ 精神性が高い人は、他者との調和のためには何より感謝が必要であることを理解しています。
⑦ 精神性が高い人は、間違いは間違いとして認め、反省し、学びを生かそうとします。
⑧ 精神性が高い人は、他人を羨ましがる前に自分を成長させようとします。

本来はこういうことが出来る人を、先進国では紳士・淑女と呼ぶのです。
紳士・淑女とは、決してセレブパーティをやっている方を指すわけではありません。

日本人にも、個人的には紳士・淑女と言える方がいらっしゃいますが
国を代表するような人や、権力や財力を持っている人に
そうでない人が多いのはとても残念なことです。

昨日、テニスの全豪オープンでの
大阪なおみ選手の優勝スピーチに感動した方も多かったのではないでしょうか。
自分がどうかと言うより、日本がどうかと言うより、
関わったあらゆる人々に感謝をし
何よりも敗者の努力や功績を称えていましたよね。
「日本人の誇り」と思った方もいらっしゃると思います。

しかし、本来はあのような精神性が常識でない限り
国際社会からは認められないのです。

風の時代は、いくら権力があろうと、財力があろうと
「人としてどうか」を見られる時代です。

これからは形ではなく
人としての「モラル」や「知性」といった中身を試される時代なのです。

私たち夫婦は、「風の時代」を目指し今まで様々な準備をして来ました。
精神哲学なき日本にいったい何ができるのか、
私たちが出来ることは何かを真剣に考えて来ました。

その結果、現在サロンで開講しているのが「カバラ講座」です。

カバラは、古代から人類に受け継がれる
人の霊性を成長させるための神聖な精神哲学。
スピリチュアルの基礎的な考え方と、「普遍の真理」が詰まっています。

ユダヤが由来ですが、国や人種に関係なく
世界の成功者の多くが一度は学んでいると言われる学問です。

カバラを学ぶと、人間にとって実は何が雑念で
何が本当に必要なのか、ということに気付くことが出来ます。

カバラには、より崇高な精神性を持つ人類になるための
ヒントが詰まっていると言ってもいいでしょう。

本来は、ヘブライ語で書かれた難解な内容ですが
現代社会と個人の日常に置き換え、わかりやすくお教えしています。

今の社会の在り方に疑問を感じる方にとっては
むしろ腑に落ちることが多いはずです。

カバラは最近、オンラインでのお申し込みが一気に増えました。
マンツーマン講座ですので、自分のペースで学んでいただくことが出来ます。

また、レボルシオンのカバラ講座にはカウンセリングの要素もあり
お一人お一人に合わせたパーソナル講座となっています。

だから、ただ知識を得ていただくだけでなく、
学びを日常に生かしていただくことが出来るのです。

世の中が良い方向に変わるためには、
まずは個人が変わること、自分を成長させることがとても大切です。
それがエネルギー的にとても大きなことなのです。

日本は本来、自然崇拝の精神がある国です。
日本人は本来、肉体の欲求より精神に重きを置く民族なのです。

過去を見直してもう一度DNAを思い出し、
これからの時代に必要な精神性を磨こうではありませんか。

日本人の精神性が良い方向に向上することは
世界にとっても重要なことだと私は思います。

もしご興味のある方がいらしたら、
レボルシオンのHPをご覧になってみて下さいね。

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。