珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

目的を見極めよう。スピリチュアルは選択の時代

こんにちは。
ヒーラー・占星術師・美容整体師・女のしあわせ研究家、珠艶です。

数年前にも同じようなテーマで書いたことがありますが、
最近も感じる所があり、
再びこのテーマについて書かせていただきたいと思います。

あなたが「スピリチュアル」と思っている活動は
本物のスピリチュアルと言えるでしょうか?

本物なら、あなたの心はどんどん平和になり
幸せに向かっているでしょう。
そして、他者への愛に目覚めて行くはず。

しかし、私の元に聞こえてくる声の中には
それとは逆の、非常に残念なものもあります。

スピリチュアルな活動をしているのに
仲間とマウントし合っている方もいるようですね。

問題は、あなたが「何を学んだか」ではありません。

それよりも、教える人・学ぶ人双方が目指すものや、
目的の方がずっと肝心です。

目に見えないものを見える人が
一般の人より凄い、上だ、と思うのも全くの誤解。

見えるというのは一つの個性。
どんな方も磨けば何かしらのアンテナを持っています。

その前に神様は、人をサイキック能力では判断しません。
「どんな意識か」ということの方がずっと重要なのです。

スピリチュアルな活動をしているけど一向に幸せにならない。
それどころか、疑問やストレスが多いという方は

今一度、導く人やご自分の目的を見極め、
見直していただくといいかもしれません。

スピリチュアルの目的は「利他愛」と「奉仕」の体現

本来、スピリチュアルを学ぶ目的は
宇宙の法則である利他愛(他者を愛する)と奉仕の循環を
現実世界に体現するためです。

神仏が存在する次元は、人間の世界よりずっと波動が高く
すべてが利他愛と奉仕で形成されています。

そこはエゴも嫉妬も、野心も恨みもない世界。

その領域に、意識を近づけるよう努力をするのが
本来のスピリチュアルの道。

例えばヒーリングは、
高次元エネルギーと繋がって人を癒す技術。

高次元と繋がる = 利他愛と奉仕の精神を体得する
これはセットです。

簡単ではないかもしれませんが、
この境地を目指す努力をしてこそ
神仏のエネルギーと繋がり、
他者を幸せに導くことが出来るようになります。

「サイキック能力」は見極めが必要

本来「目に見えないものが見える」
といったサイキック能力は
利他愛と奉仕の循環を体現するための特殊能力です。

しかしサイキック能力には「質」というものがあり、
本当に質の高い人は、世の中広しと言えどそう多くはいません。

質の高い人とは、サイキック能力だけでなく
人としての中身も徹底して磨いている人です。

少なくとも、利他愛の精神を体現すべく、
何らかの努力をしているでしょう。

世の中には「人の上に立ちコントロールしたい」
「人から凄いと思われたい」
といった目的でスピリチュアルを学ぶ人も多くいます。

スピリチュアルにはどう関わろうと自由ですから
それが悪いとは言いません。

でも、そのような意識だと、
繋がる領域が変わってしまうということだけは
知っておく必要があると思います。

「目に見えない世界」と一言でいっても
波動の高い領域もあれば、低い領域もあります。

波動の高い領域、すなわち神々の領域に繋がるためには
まず、自分の中のエゴやネガティブマインド、
傲慢な意識を浄化する努力をしなければなりません。

何故なら、波動の高い領域は愛と奉仕の世界。
そもそもエゴやネガティブは存在しないし、
当然「人より凄いと思われたい」という意識もありません。

目に見えない世界はごまかしがききません。

言葉で何を言おうと、その人の意識がどうあるかで、
どの領域と繋がるかが決まります。

ポジティブはポジティブな存在と繋がるし
ネガティブはネガティブな存在に繋がります。
傲慢は傲慢な存在と繋がってしまう。

これが目に見えない世界の恐ろしさだと思います。

強烈な自己愛や、ネガティブマインドが引き寄せるのは
神仏ではなく、低級霊です。

低級霊は、誰かに憑依すると目に見えないものを見せて
人を振り回したり、からかったりします。
「ある程度当たる」というのが厄介な点です。

憑依された人の発言を真に受けてしまうと
幸せどころか、運気そのものを下げてしまうことになります。

中には、自己愛と傲慢が極まり過ぎて、
サイキック能力というより肥大妄想を見る人もいます。

これは心理の世界においてれっきとした症例があり、
されど本人は「見える」と思っていますので、
関わる人は充分注意する必要があると思います。

そういった認識のないまま、
安易に「見える人が凄い」と思い込むのは
危険なことだとわかっていただけるでしょうか。

神様がお好きなもの、嫌いなもの

私は幼少の頃から信仰やスピリチュアルの世界に生き、
日本から海外まで、様々な聖者や著名なチャネラー達が残した
有難い学びを受けて来ました。

私も若い頃は、自我やプライドに振り回されていましたので、
年月をかけ、そぎ落としていただいたと思います。

そのような経験を通じ、体得したものが今に生きています。

学び取ったものは様々でも、核になるものはとてもシンプル。

わかりやすくいうと、
神様がお好きなもの・お嫌いなものといっていいかもしれません。

神様がお好きなエネルギーは
利他愛・奉仕・調和・感謝・尊重です。

人間はマインドがある以上不完全な存在です。
謙虚に内面を磨き続けることも、神様に愛される秘訣だと思います。

神様がお嫌いなエネルギーは
エゴ(自分さえ良ければいいという意識)、
傲慢・慢心・執着・嫉妬・自己顕示欲といった意識。

少しでも神様に近づきたいなら
波動の低い自我を浄化しなければなりません。

神道の世界にも、
鏡から「我」を取れば「神」になるという教えがありますね。
(鏡は神道の世界のご神体です)

私たちが思うスピリチュアルな生き方とは
自らの魂を磨き続け、他者を幸せに導く道です。

人より凄いかどうかは全く関係ありません。

もし、今関わっているスピリチュアルに
疑問を感じている方がいるなら
そんな道もあることを知っていただけたら幸いです。

スピリチュアルは選択の時代

残念なことに、
今のスピリチュアル界は無法地帯に近いと感じています。

エゴの強い人、傲慢な人ほど
スピリチュアルな衣を着ているケースもありますので、
スピリチュアルで幸せになるもならないも、
一人一人の選択にかかっているということです。

大切なのは、学びの種類よりその人の「目的」や「人柄」。
どんな心の人かが大切なのです。

それは「サイキック能力がある」というだけでは識別できません。

地球のアセンションは進んでいます。
これから益々、それぞれの目的によって道が分かれて行くでしょう。

一人でも多くの方が
波動の高いスピリチュアルで幸せになって行かれることを
私は心から祈っています。

 

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』
ABOUT US
じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。