珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

風の時代を生きる③ 日本人の改革の始まり

こんにちは。
ヒーラー・美容整体師・占星術師・女のしあわせ研究家、珠艶です。

現在星のチャートを見ますと、天王星が土星とアスペクトがスクエア(圧力関係)に。

天王星は改革、土星は社会のルールや価値観を示しています。
この配置は、日本でもいよいよ価値観の改革が始まった事実を示しているように思います。

まさにタイムリーに起こった、
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長の女性軽視発言と辞任。

やはり、まず改革すべきはここからか~…と。

日本はこの一件で残念なことに、
国際社会に恥をさらすことになってしまったワケですが、
私は明るみに出て良かったと思っている一人です。

何故なら、おそらく森さんの発言を聞いて「これはまずい」と思いながらも
驚かなかった方も多いのではないでしょうか。

「うちの上司もそうだ」「うちの父親もそうだ」
下手すると、「うちの夫もそうだ」と思った女性もいるかもしれません。

男女平等と表面では言いながら、根強い男尊女卑社会。
それが日本人の実態だからです。

幸い私は、夫が女性を尊重するスタンスなので
女性を下に見る男性に対しても、
「同じ男として恥ずかしく思う」と言ってくれる人です。
夫との結婚前は別ですが、今は全く嫌な思いをしていません。

しかし、仕事上婚活のサポートをしていると
世の中には未だに女性を下に見たい男性が多いのだと
残念に思うことがしばしばあります。

女性を年齢や容姿でしか判断出来ない。
女は若ければ若いほどいいと思い、
自分より優れたものがあったり
自分に意見をしそうな実力ある女性はことごとく敬遠。

森さんのような昔の男ならまだしも、
30代・40代の男性にも未だに多いのには驚かされてしまいます。

では、そのような男性が理想通りの結婚が出来るかと言うと
勿論そうではありません。

女性の上に立ちたい欲求があまり強いと、
本人が余程高スペックでない限り、女性からは嫌がられます。

最近は高スペックであったとしても、
上に立ちたがる男性は、敬遠されがちかもしれません。

そのため日本では、
実力ある女性のかなりの数が独身のままです。
これでは、少子高齢化に歯止めがかかるはずもない。
それどころか、優秀な女性の優秀な子孫も残せないわけです。

そして男性の価値観を変えるためには、
男性側の努力だけでなく
女性の子育てに対する価値観も変えて行く必要があると思います。

日本では、男子が大事にされて来たあまりに、
男の子が母親から過剰に気を遣われ、
何でもかいがいしくしてもらい過ぎることをあまり問題視されません。

しかし私はこれが、女性より優位に立たないとメンタルが持たないという
悲劇を生んでしまうように思います。

男性は元々プライドが高いのです。
だから、気を遣って厳しいことを言わずに育ててしまうと
女性に意見されたり、指摘されることに対する耐久力が育ちません。

つまり、女性と話し合うことが出来ない人、
対等な関係を築けない人になってしまうのだと思います。

ですので、男の子こそただ可愛がるのではなく、
哲学をもって男女平等を教え、愛情をもって言うべきことをきちんと言い
心の強さを身に付けられるよう育ててあげる必要があるのではと。

男の子の子育てに悩んでいる方も多いと思いますが
本来は男性にこそ精神性を高める哲学が必要。
だから昔の日本には武士道があったのではないでしょうか。

これからは、男女平等、かつ戦争のない時代に適応した
新時代の武士道が必要なのかもしれませんね。

日本人の男尊女卑には実に根深いものがありますが、
(女性を下に見ることが当たり前すぎて軽視とも思っていないあたり…)
このままでは国際社会から認められません。

これを期に多くの人が本気で考えてくれるといいな、
と心から願っています。

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。