珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

風の時代を生きる② これから求められる知性とは

こんにちは。
ヒーラー・美容整体師・占星術師・女のしあわせ研究家、珠艶です。

年明け、緊急事態宣言の緊張から間が空いてしまいましたが、
やっとブログを書けそうなモードになりました。
今回は「風の時代を生きる」の2回目を書かせていただきたいと思います。

風の時代は一言でいうと「知性の時代」です。
その知性とは、一体何を指しているのでしょうか。

おそらくは過去にも「風の時代」はあったでしょうが
これから先の時代に必要なのは
その時とは大分異なるものに違いありません。

今後更に科学や先端技術は発展・進化を遂げるでしょう。
しかし、それはいったい何のためのものなのか。

それは今までのような、便利に物を得て大量消費する
欲求を満たしてくれるものではないと思います。

もっと、人類全体の存続のために必要なこと、
人間と地球がちょうどよいバランスで結ばれるためのものではないかと。

温暖化により新型ウィルス等の研究はこれからも進むでしょう。
再生可能エネルギーの研究や、
新たな生活習慣に必要なAI技術も加速的に進むでしょう。

反対に、人の潜在能力の活性化や、
創造性を促進する研究も進められるのではないかと思います。

これからの時代に最も必要となる知性とは、
何より「足るを知る」という知性ではないでしょうか。

足るを知るためには欲求をコントロールする必要があります。.

だからこそ、しかるべき知性が必要なのです。

「足るを知る」を考えてみることは
人と自然、人と地球の調和への気づきに繋ります。
実はそれは、人類存続の重要なキーワードです。

これからそういったことを

一人でも多くの人が考えて行かないと
世界は今後も更なる試練を経験することになるかもしれません。

人類は過去、「土の時代」において、
欲求をコントロールせずに物質社会を進化させてしまいました。

お金も物も食べる物も
大量に消費して大量に破棄するサイクルを作り続けてしまいました。

今目の前にあるコロナの脅威も
地球温暖化の問題も
後処理が不可能な原発への不安も
いずれ来るとされている食糧危機の問題も

すべて足るを知らずに欲求し続けた
人類への見返りと言えてしまうのです。

でも残念ながら、人はなかなか習慣を変えられません。
国のトップすら利権収益や飽食の習慣をやめられず、
経済のために無理なことや危険なことをし続けています。
でももう、それも限界に来ているのではないでしょうか。

大量に稼ぎ、その分大量にストレスを溜め
飲んで騒いで、買い物し続けやっと自分を保つ生き方。
これを、しかるべき知性をもって軌道修正しなければ、
本当にまずいところまで来ているでしょう。

それは決してコロナ対策に限ったことではありません。

水瓶座時代のキーワードには
改革・自立・個性といった象意がありますが、

何を改革するのかといったら、
まずは一人一人の心、そして社会の価値観を見直し
過剰なもののバランスを修正して行くことだと思います。

このままだと未来はどうなってしまうのか、
ちゃんと考えることが知性的と言えるのではないかと。

まずは、自分の身近なことに目を向け
すでに足りていることに
感謝出来るようになることからのスタートではないでしょうか。

勿論、向上心は必要ですが
充分足りているのに「もっともっと」と思っていないか。
人と比較し「足りない」と思っていないか。

まずはそこから見直すべきなのかもしれません。

—–

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。