良い哲学を得る大切さ

こんにちは。
ヒーラー・美容整体師・占星術師・女のしあわせ研究家、珠艶です。

私は、子供のころから有難いことに
精神世界に関わる様々な学びに恵まれました。

それは、宮司の家系に生れた故に、
自然に神様ありきの生活を送れたことにもあると思います。

その学びは、やがて一般的な神道だけに留まらず
多岐にわたって行ったのです。

「宇宙の利他愛の循環」
これを学んだのは18歳の時。

宇宙はすべての命と物質が
他者を生かす法則で成り立っている。

つまり、他者を幸せにしなければ
本当の幸せは巡って来ない。

初めて学んだ時は衝撃的でした。
挫折を味わった後でしたから
「だから自分はうまく行かなかったのだ」
とも気づきました。

そしてそれ以来、絶対の哲学として、
私の中に深く浸透したのです。

どんな仕事をしても
あらゆる人間関係においても
この考え方を基準に動いて来たと思います。

56歳になった今では
もはや考え方というより、
極めて自然なことになりました。

でも、若い頃は自我が旺盛でしたので
よかれと思ったことが
すべて裏目に出てしまうこともありました。

失敗経験を重ねるうち
利他愛とは、自分の押し付けではなく
相手にとって本当に必要なことを
与えることだということに気付かされるのです。

でも、今度は自己犠牲を経験。
それでは自立が難しいことを学び
他者と自分とのバランスの取り方を学ぶようになりました。

現在の私があるのは、
一つの哲学を通じて実践し、失敗しながらも、
学び、模索し、体現してきた結果です。

ヒーラーの学びを通じては
肉体の制限に留まらず、
無限大の宇宙意識で生きることを学びました。

ただ、ここが地球である以上
神の道・人の道・筋道のバランスをどうとるか
これが最大の学びであることも知りました。

カバラの学びでは、
魂世界の構造への理解が進むと共に
今まで「生命の木」の覚醒のため無意識に動いて来たこと
何をどう目指して生きるべきかが
大きく腑に落ちたのを覚えています。

ホロスコープの学びでは
いかに個人が星のエネルギーと連動しているかを知り
どんな資質も人生も
宇宙の一部であると気付かされました。

そしてどの学びにも、
「利他愛の循環」があったのです。

良い哲学に恵まれることは
人生をなすべき方向に動かしてくれます。

何故ならそこには、普遍の真理があるからです。

しかるべき哲学を持たずに
ただ神々と繋がろうとするのは危険です。

エゴや自我が強いままでは
人の意識波動は結局低い。
それではどんな存在と繋がってしまうかわかりません。

神様と思っていたら、低級霊だったなんてことは
いくらでもあることです。

普遍の真理のある哲学を学ぶことは
宇宙や神々のエネルギーを正しく受け取ることに繋がります。

そこが抜けてしまったまま
いくら目に見えないものが見えると言っても
真実を理解しているとは言えないでしょう。

良い哲学に触れること。
それは思考を整理し、雑念を浄化してくれます。

それは結果、
宇宙への理解、神々への理解につながり、
自分への理解にもつながるのです。

 

ヒーリング・美容整体「レボルシオン」は
お客様にご愛顧いただき、お陰様で創業11年。
震災後東京から移転、東北・仙台の地に根付いて8年。
2019年、仙台市からもその努力を表彰されました。

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUTこの記事をかいた人

ヒーラー、美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。