珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

自分の使命の見つけ方

残暑お見舞い申し上げます。
ヒーラー・美容整体師・占星術師・女のしあわせ研究家、珠艶です。

毎日本当に暑いですねー
ひしひしと温暖化を感じる今日この頃、
熱中症にはくれぐれも気を付けたいものですね。

ところで、私たちのサロン「レボルシオン」には
「自分の使命を知りたい!」
と願う方も数多く訪れています。

「今の仕事が使命とは思えない」
「このまま主婦だけでは終わりたくない」

例えば、そんなきっかけから
「使命」について考えるようになった方も多いようです。

今日はそんな方に、
自分の使命を見つける方法をご紹介したいと思います。

使命とは何か。

それは魂に混入された、人生においてなすべきこと。
それは、自分で決めて来ていると言われています。

しかしながら、自問自答したところでわからない。
そんな方も多いのではないでしょうか?

使命というと、多くの人から「すごい」と称賛される
「偉業」をイメージしてしまう人が結構な割合でいます。

しかしながら、それが当てはまる人は
世の中にほんの一部しかいないでしょう。

また、偉業を残す人は必ずといっていいほど
自己犠牲を伴う、多大な苦労を乗り越えているものです。

そうお伝えすると殆どの方は
「そこまでは…」とおっしゃいます。

だとしたら、
「使命」に対するハードルをもっと下げてみて下さい。

使命とは、世の中の多くの人から
称賛されることとは限らないからです。

また、「使命=仕事」と考える方も多くいらっしゃいますが
これもそうとは限りません。

仕事そのものが使命の方もいれば、
そうでない所に使命がある人もいます。
後者の場合は、使命を果たすための補助として仕事があるので
仕事は自分に合っていれば何でもいいということになります。

今回は、私が思う「わかりやすい見つけ方」を
いくつかお伝えしてみたいと思います。

① 自分が出来ることの中で、最も他者から求められること。

使命の解釈の一つに、
自分の才能で世の中や他者に貢献出来ること
という考え方があると思います。

そう、使命とは、自己満足だけでは完結しません。
自分がやりたいからといって、それが使命とは限らない場合も。

何故なら、他者にプラスの影響を与えてこそ、
使命と言えるからです。

極端にいえば、特別なことをしなくても
「笑顔でいること」が使命の人もいます。
存在そのものが、誰かの支えになったり、
元気や安心感、癒しを与えられる人もいる。

また、小さな子供は親を一番必要としています。
だとすれば、子供を持った人にとっては
子育ては何よりもの使命、ということになるのではないでしょうか。

② 寝食を忘れるくらい、努力が出来てしまうこと。

使命感とは、頭で考えるものではありません。
理由なく、魂の奥底から湧き上がって来るものです。

人間、使命感を感じることは、
それこそ寝食を忘れ、夢中で出来てしまうもの。
苦労を忘れて、やり続けられるものです。

失敗やリスクを怖れる前に、
なさずにはおれない衝動に突き動かされてしまう…
といった感じでしょうか。

例えば、
モーツアルトやベートーヴェンの人生は、
決して人として幸せとは言えなかったかもしれません。

権力者に理解されず、貧しい生活になっても、
ベートヴェンにおいては耳が聴こえなくなってまでも
聞いてくれる人がいる以上、音楽を書き続けた。
これはもう使命としかいいようがありません。

自分の死後、ここまで世界中の人を癒し、励まし、

感動させるようになるなど
計算していなかったのではないでしょうか。

使命感とは、ある意味見返りを求めない奉仕の面があります。
生きるための仕事であっても、得るお金以上に、
「なさずにおれない情熱」に突き動かされるものなのです。

作家や画家といった作品を残す人たちや
役者や音楽家・舞踊家のような表現者
科学者・考古学者のような研究者、
医療分野のエキスパートなどにも
こういった人たちは多く見られます。

もし、自分にも情熱を注げるものがあるならば
とにかくやり切ってみることだと思います。
それが人生を、納得行くものにしてくれるのではないでしょうか。

③ 頑張ることそのものが、他人に勇気や感動を与えられること

スポーツ選手やアスリートは、
こういった使命のある方が多いと思います。

運動選手でなくても、
逆境を乗り越え、苦難を乗り越え、
それでも前を向いて生きることそのものが
世の中や他者に力を与える人たちもいます。

震災の被害と悲しみを乗り越え生きる人たちは
皆、この使命のある方々だと感じています。

④ 何かを犠牲にしても、「悔いはない」と思えること

強い使命を持っている人は、
その使命を果たすため、人生の選択を迫られる方が多いと思います。

安住に恵まれることに越したことはないと解っていても
使命感を優先しないと、生きる価値を感じられないからです。

例えば、仏陀は王子という恵まれた立場を捨てて修行の道に入ります。
それは、悟りを開いて多くの人を救うためだからです。

仏陀と比べるのはおこがましいかもしれませんが、
使命を果たすということは、大なり小なりそういうことがあるのだと思います。

⑤ 誰かのために存在することそのもの

自分がいないと困る人がいる。
悲しむ人がいる。

だとすれば、その人にとって生きていることそのものが使命になります。
多くの人にとって使命とは、そういうものだと私は思っています。

これを見つけるには、
もっと自分の足元を見ることでしょう。

そして、小さな幸せを見逃さないこと。
そう、すでにあるものへの感謝が何より必要です。

■ 「他者のために出来ること 」それが使命

こうして検証してみると、使命に気付くためには、
自分と他者との関係がありきであることがわかります。

それは親子かもしれないし、夫婦かもしれない。
職場の仲間かもしれないし
クライアントや、生徒や、意思を同じくする仲間かもしれない。
国や人類といった大きなチームなのかもしれません。

場合によってはその対象が人間以外の生き物
自然や動植物、ということもあるでしょう。

誰かと関わってこそ使命は生まれるし、価値があるのだと思います。

そこが閉じられたまま、使命を探しをしても
なかなか見いだせないもどかしさがあると思います。

■ だからこそ、他者との調和を目指そう

近年、世の中に目立つ使命を果たした人の中には、
パーソナル障害の代表と言われているような人もいます。

例えば、世界的ブランドを立ち上げたココ・シャネルや、
楽壇の帝王、ヘルベルト・フォン・カラヤンなどは
自己愛が強く支配的で、対人に難があったとも言われています。

しかし彼らは、多くの敵を作っても
それでも余りあるほどの、圧倒的な才能があり
世界を魅了し感動させた人たちです。

それは、極まった創造力と
戦中・戦後という激動の時代背景があったからこそ
実現したことでしょう。

おそらくは、20世紀のカルチャーがあってこそです。

人々が平等かつ平和になった21世紀においては、
他者との調和を無視して、
使命を果たすことは難しくなっているように思います。

■ これからの使命・気づきと目覚め

世の中に必要とされる使命は、
時代によっても変わって行きます。

これから必要となる使命とは?

それはより、
宇宙意識を取り入れたものかもしれません。

宇宙意識とは何か。

人類の本質を見直し
より平和や調和、互いの尊重を目指すこと

狭い価値観を打破して
人間本来の可能性を引き出し、
人類が本質的に悟って行くためのもの

宇宙の法則と呼応する自然界と
調和を図るための何か

エゴや依存を手放し、自立を促すためのもの

将来的に人類が生き残れるかどうか
いよいよ考えなければならない時代に入っています。

アナタが出来ることは何でしょうか?

宇宙意識を少しでも体現し
周りによい影響を与えることが
使命となる人もいると思います。

まずは、今の自分を見つめることから
始めてみませんか?

最後に、
ヒーリングは使命への気づきを促進します。

8月のこの時期は、
宇宙パワーが強まる時期でもありますので、
ぜひ、このチャンスにお受けになっては如何でしょうか。

夏バテ対策にもなりますよ(^o^)/

今月は、使命への気づきに最も人気のある
総合運を活性化する「毘沙門天太陽ワーク」
ご縁結びを活性化する「姫神ヒーリング」の
二つのスペシャルコース(整体+ヒーリング)がお得になります。

ご縁結びの「姫神ヒーリング」は
意外に思う方もいるかもしれませんね。

女性は、パートナーとご縁あってこその
使命がある方も多いからです。

現在、レボルシオンでは
夏のダブルキャンペーンを実施中。
気になる方は、ぜひこちらをご覧ください!

クリックするとまず、8月の営業のご案内
その下に夏のキャンぺーンの詳細があります。

 

 

ヒーリング・美容整体「レボルシオン」は
お客様にご愛顧いただき、お陰様で創業11年。
震災後東京から移転、東北・仙台の地に根付いて8年。
2019年、仙台市からもその努力を表彰されました。

 

 

 

—–

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。