珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

「言えない呪縛」を突破する!

 

こんにちは。
ヒーラー・美容整体師・占星術師・女のしあわせ研究家の珠艶です。

私たちのサロン・レボルシオンでは
「本音が言えない」
と悩む女性のご相談を数多く受けています。

こと、男性にうまく本音を伝えられない。
アナタは如何ですか?

特に、東北にサロンを構えてからそのご相談が増えました。
東北の女性は昔から
「言いたいことをいわずに我慢する」
といった習慣が長かったからでしょう。

お母さんやお祖母ちゃんが
本音を言わずに耐えて来た様子を見て来た女性たちは、
自分も言いたいことが言えなくなる。

「言ってはいけないもの」
と、思い込んでいる方も未だに多くいるようです。

でも、そろそろ変えてみた方がいいのでは?

何故なら、それでは自分もしんどいし、
(喉とハートのチャクラが慢性的に詰まってますよね…)
人間関係だって結果思うようにいきません。

言いたいことも言わず墓場に持って行くなんて
たとえ東北の女性であったとしても
もう昔の女性にしか出来ないのではないかと。

人間には、たとえ夫婦であっても
言葉にしないと伝わらないことが沢山あります。

それに男性は、女性が言わなければ
「大丈夫だ」と勘違いしてしまうのです。

男性はそもそも、
女性の気持ちを察するのが苦手ですしね。

それに今は、男性にものを言ったら
怒鳴られ、追い出されるような時代じゃありません。

言い方さえ気をつければ、
ちゃんと話し合いが出来る時代。

その方が我慢を続けるより
ずっとハッピーではないでしょうか。

ここからは、私の経験をお話します。

かくいう私も、東北生れではないものの
かつて、男性に全く本音を言えない一人でした。

それは、母が父に対してそうだったからです。
母は父に逆切れされることや、姑からいじめられるのが怖くて
本音を言わなくなりました。

私は子供時代からそれを見て来たし
「男に本音を言ったらいけないよ。大変なことになるからね」
と教わりました。

でも結果、両親は意思の疎通が取れず、熟年離婚。

私も、母を参考にした結果、離婚になりました。
ずっと言いたいことを我慢して、最後に爆発したのです。

それでも習慣って恐ろしい。
次の相手が出て来ても、
そう簡単に自分を変えることが出来ません。

若い頃は、自分が本音を言わないコトが問題だと
気付けなかったのです。

しかし、2回目の離婚でさすがに学んだ。
我慢をしても、私は結局爆発してしまう。
もう男性に、無理な我慢をすべきでないのだと。

ところが3回目、「今度こそ…」と思いきや、

今度は過去のトラウマが一気に噴出、
「言い方」というものを考えず、
相手が傷つくことまで何でも言い過ぎてしまったのです。

その時の私は、男性のプライドの高さを
全く配慮出来ませんでした。
だから浮気されてしまったのでしょうね 笑

そんな3度の失敗経験を経て、
(失敗し過ぎですが 笑)今の私があります。

それから随分経って、
現在の夫と出逢い結婚することになりました。
結婚した当時は、やはりうまく気持ちを伝えられず、
大爆発はないものの、
ストレスが溜まっては小爆発を繰り返していました。

そんなある日、
夫から言われた一言が私を変えたのです。

「爆発するまで我慢しないで、思ったら早めに伝えてよ。
それなら僕も聞けるから、怖がらずに言って欲しい」

あああ!これだ!
私に足りなかったコト、失敗を繰り返した原因は!

我慢するから、いつか感情が爆発してしまう。
逆に我慢さえしなければ、冷静に話し合える。
恐怖心を持つより、男のプライドを気遣えばいい。
夫を信頼して今度こそ克服しよう。

それ以来私は、
気持ちを押し込める前に、
落ち着いて言葉にする訓練を始めたのです。

習慣を変えるため
ヒーリングでチャクラを整え、トラウマを浄化。
男性に対する恐怖心を取り除きました。

過去の失敗を教訓に
男のプライドを立てる言い方を身に着ける努力もしました。

それからというもの、私たち夫婦は
事あるごとに、本音で話し合う習慣が出来ました。

今では、それが当たり前。
そのお陰で、殆ど喧嘩することもありません。

どんな人も、
パートナーと喧嘩などしたくないと思います。

でも、パートナーと喧嘩をしたくないないなら
おそらく二つの道しかないでしょう。

我慢してしまう前に、
冷静に本音で話し合う習慣を作るか
もしくは、本音を隠して仮面夫婦になるか。

その中間なら、喧嘩があっても仕方がありません  笑

私は、仮面夫婦だけはどうしても無理なので
「男性と話し合える人間」に自分を改革しました。

私はそれで幸せになれたと思いますが、
きっと、他にも沢山
この「自分改革」が必要な方がいらっしゃると思います。

自分の気持ちを言葉にして正しく伝えること。
とても大切なことです。

言わないでいると、結局相手に誤解されたり
余計な気を遣わせてしまうコトもあります。

全く我慢が出来ないのも問題ですが、
「ただ我慢すればいい」というのも、
幸せの道とは違うのです。

それより、
自分を「ちょうどいい人」に調整することが
必要なのではないでしょうか。

私達夫婦のサロン・レボルシオンのお客さまはの中には
ヒーリングやライフカウンセリング、
スピリチュアルな学びを通じて
「自分が出せるようになった」
とおっしゃる方が数多くいらっしゃいます。

気になる方は、一度いらしてみませんか?

私たちは、豊富な経験を駆使して
一人一人のお悩みをサポートしております!

 

 

 

ヒーリング・美容整体「レボルシオン」ホームページ

女性が落ち着ける空間をご用意しています。
ぜひ一度ご覧くださいませ。

https://revolucion.jp

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。