珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

「ありがとう」で見送れました

 

ヒーラー・美容整体師・女のしあわせ研究家の珠艶です。

前回のブログ以来、本当に久しぶりのブログとなってしまいました。

それは、「もっとココロを強くしよう」と書いた途端、
私自身、本当に強くならねばならないコトが起こったからです。

7月31日、最愛の父が旅立ちました。
85歳でした。

もう高齢で、寿命とわかっていても

親を見送るということは、
自分の半身を削がれるような思いをするものですね…

幸い父には、最後に今までの感謝や尊敬を、
直接、心から伝えることが出来ました。
病院でしたが、手からヒーリングも…

父も、私の目を見て何度もうなずいてくれました。
それが今は、何よりもの救いです。

かつては、
母と離婚した父を許せなかった時代も…
私も、子供の頃は本当に父を困らせたのです。

でも長い年月と、それぞれの成長が
トラウマを解決してくれたのだと思います。

父には、もう
「ありがとう」という気持ちしか残っていません。

「間に合ってよかった…」
そんな有難い気持ちでいっぱいです。

父は、若い頃から何度も、
命の危機があったにもかかわらず、
その都度間一髪で助かり、気丈に生き延びた人でした。

曲がったことが大嫌いで
ずっと独り暮らしを貫き、
何より自立を誇りにしている人でした。

私は父から、何より「生きる力」を教わった。

そして父は、私にはいつも
「本当のコト」を言ってくれた人でした。

40代になったばかりの頃、
「お前は家族から自立した方がいい」
とハッキリ言ってくれたのは父。

その時はピンと来なかったけれど、
今だからこそ腑に落ちる。

あの言葉があったからこそ、
震災の年、神様の啓示のままに
東北移住を果たせたのかもしれない、とさえ思います。

私の記憶には、
自分の病と闘っている父の姿ばかりがあります。

でも晩年は、弟に孫が産まれて幸せそうでした。
よかったね、お父さん…

出来る事なら、私も最後に父と、
もう少し、好きなクラシック音楽の話をしたかったな。
もう叶わぬことだけど。

お父さん、本当にありがとう
頑張って生きて、生きて、生き抜いてくれて。
諦めない背中をずっと見せてくれて。

先月、直接伝えたけれど、
お父さんの子供で本当によかったと思ってる。

私も最後まで、自分を信じて生きて行くね。

父の事は、ごく一部の方にしかお話していなかったのですが、
ご心配して下さった方、本当にありがとうございました。

私も大分落ち着きましたので、
ぜひ、通常通りセッションにいらしてくださいね。

皆さまのご予約が、何よりの励みになります!
お目にかかれることを、心から楽しみにしています。

 

 

ヒーリング・美容整体「レボルシオン」ホームページ

女性が落ち着ける空間をご用意しています。
ぜひ一度ご覧くださいませ。

https://revolucion.jp

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。