珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

もっとココロを強くしよう

 

こんにちは。
ヒーラー・美容整体師・女のしあわせ研究家の珠艶です。

現代人は、プライドが高く、
反面、精神的に弱い人が増えています…

あちゃー、言ってしまった。
でも実は、私もかつて、
その典型のような人間だったから言えるんです。

弱い自分を守るため、
諸々こじらせちゃってる方を、
しばしばお見かけする今日この頃…。

「昔の自分を見ているようだなあ…」
と感じることもあります。

心が弱いままだと、何より本人が大変。
ちょっとしたことで不安定になり、
自分も周りも苦しめてしまう。

そのことで、人間関係がうまく行かなくなってしまった
経験がある方もいるのではないでしょうか。

私の場合、かれこれ10年以上前のある日、
ある失敗がきっかけで
「このままじゃ本当にダメだ。強くなろう!」
と決意をした経緯があります。

それ以来、自分の中では
プライドを守ることより、
内面を強くする方に重きを置くようになりました。

そして、これはとても大事なことだと思いますが、
「私はごく普通の人間、ダメな部分もあるし、失敗や勘違いだってするさ」
と自分を受け止めるようになったのです。

それまで、内面の弱さを放置していた原因。

「私は人とは違う、特別な人間だ」
「私は人からスゴイと言われるべきだ」
という目に見えない縛り。

これを降ろせなくなっちゃって苦しい人、
意外といるんじゃないかなあ…

それだと、失敗からちゃんと学び、
自分を進化させることが出来ません。

失敗すると、殻に閉じこもるか
すべて他人のせいにしたくなってしまうのです。

でももし、周囲から外側の自分を
「スゴイ人」とだと評価されたとしても、

心が弱く、もろいままではいつまで経っても、
誰かと幸せになることが出来ないのです。

その真実に気付いたことで、私は随分変われたと思います。


「強くなる」っていったいなんでしょう。

強くなるというコトは、
「精神的に自立する」ことだと私は思います。

他人から優越感を与えてもらわなくても、
自分を自分で認め、心を安定させられること。

誰かに「幸せにしてもらおう」とするばかりでなく
自分で幸せになるための努力が出来ること。
(例えパートナーがいてもです)

精神的に自立した者同士が協力し合う。
そうでないと、やはり
大人の人間関係はうまく行きませんよね。

たまに「強い」ということと、
「上から目線」を勘違いしている人もいますが、

とんでもない、真逆です~

強い人ほど、実は謙虚で腰が低いもの。

強い人は、ありのままの自分や
ありのままの人の気持ち、
ありのままの現実を受け止められます。

だから他人にマウンティングしたり、
上から目線になる必要などないのです。

世の中には、やたらと上から目線な自分と
自信を失いぺっしゃんこになる自分を
繰り返している人がいます。

これは、周りも振り回してしまうし、
自分にとっても大変なロスですよね。

では、どうすれは強くなれるのか?

まずは、「自分の心を強くしよう!」と
しっかり意識することだと思います。
ここからしか、何も始まりません。

そして、いきなり強くなるのは難しいので
少しずつでもいいから、
自分を鍛えるよう努力して行くことです。

現代は、きっと「弱い自分」「もろい自分」に
悩んでいる方が多いと思います。

次回は、私が今までどんな方法で自分を鍛えて来たかを
お書きしてみようと思います。

私も決して頑強な人間ではありませんが、
ぞれでも随分変わるコトが出来ました。
少しでもご参考になればいいな。

次回に続く。

 

 

ヒーリング・美容整体「レボルシオン」ホームページ

女性が落ち着ける空間をご用意しています。
ぜひ一度ご覧くださいませ。

https://revolucion.jp

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。