珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

「ダメンズウォーカー」を卒業する方法

 

こんにちは!
女のしあわせ研究家の珠艶です。

この仕事をしていると、
「わたし、自他ともに認めるダメンズウォーカーなんです!」
と、おっしゃる女性のご相談をよく受けます。

アナタは如何ですか?

実は、わたしも若い頃はそうでした…
ですので、人の事は決して言えません。

でも、40代半ばでやっと卒業出来た。
だからこそ、同じ悩みを持つ女性のご相談に乗れるのです。

健康なのに働かないオトコ、浮気性のオトコ、既婚者なのに迫るオトコ、etc…
出逢う人、出逢う人そうだった時期もあり、だいたい一通りを経験しています。

きっと、同じような方もいるのではないでしょうか?

では、そんな男性ばかりを引き寄せ、
好きになってしまうのはどうしてなのでしょうか?

ダメンズとばかり付き合ってしまう女性は、
刹那的で、実は受け身

まず、見直したいのは「恋愛観」です。
ダメンズとばかり付き合ってしまう女性の多くは、
恋愛は向こうからやって来るもの、と思っています。

つまり、「犬も歩けば恋愛に当たる」方式で、
恋愛に対する自主性があまりありません。

恋多きことと、恋愛に自主性があることとは別!

ダメンズウォーカーは、受け身過ぎるからこそ、
刹那的なアプローチをしてくるような男性に、
ついつかまってしまいます。

人格のバランスが良く、堅実な男性は、皆、慎重です。
セックスだけを求めるようなアプローチの仕方は、

まずして来ないでしょう。

ところが、多くのダメンズウォーカーは、
そんな慎重派の男性には、ビビビ!と来ません。

それよりも、その時だけ激しく求めて来るような男性に
「愛されてる!」と勘違いしてしまう。

何故ならそれだけ、
本当は、男性から愛されたい欲求があるからです。

ダメンズウォーカーの多くは、身内にもダメンズが…

ダメンズウォーカーの女性は、
身内など身近な男性の中にもダメンズがいるケースが多いです。

つまり、長年、ダメンズを見慣れているのです。

身内のダメンズをイヤだと思っているのに、
慣れてしまっているからこそ、扱い方もわかっている。
だから、ダメンズが寄って来やすいのです。

中には、付き合っているうちに
男性がダメンズになってしまう、という人も…

そういう人は、
男性を甘やかし、ダメンズにしてしまった女性を
無意識に参考にしてしまっています。

おそらくその多くは、お祖母ちゃんや、お母さんです。

家族内で起こっていることは、
子供の頃から見ているため、無意識の行動に沁みついてしまいます。

「わたしは、そのつもりが全くないのに、
男性がダメンズになってしまうのはどうして?」

そう悩んでいる女性の多くが、
お祖母ちゃんやお母さんの意識から卒業できていないのです。

 

ダメンズウォーカーは、
「女性を幸せに出来る男性」から愛される自信を持てない

実は、昔わたしもそうだったのですが、
身近に、ちゃんと女性を幸せにした男性がいなかったため、

「女性を幸せに出来る男性とは、こんな人!」と、
具体的にイメージすることが出来ませんでした。

だから自分が、そのような男性から

愛されるイメージもなかったワケです。

反対に、「この人なら愛してくれるかも」
と思える男性には、必ずと言っていいほど何かしら問題が。

それは、
「自分にも問題がある」とわかっているが故に、
その方が安心出来たからだと思います。

そんな自信のなさが、
ダメンズを引き寄せていたのかもしれません。

アナタは如何でしょうか?

ダメンズウォーカーほど、「男性からの愛」に飢えている

ダメンズウォーカーが、
ダメンズの刹那的なアプローチに落とされてしまうのは、
根本的に、男性からの愛に飢えているからとも言えます。

これは、お父さんからちゃんと愛された実感のない人に、
よく見られる現象かもしれません。

おそらくは、かつてのわたしも同じだったと思います。

ダメンズウォーカーは、
「甘やかさないと愛されない」と思っている

お祖母さんや、お母さんが、
男性を過剰に甘やかしている姿を見て来た人は、
「そうしないと、男性から愛されないものだ」
と、勘違いしてしまっていることが多いです。

だから自分も、同じようにしてしまい、
気付かぬうちに男性をダメンズにしてしまうのでしょう。

わたしもかつては、人の事を言えませんでしたけれど。

■ 経験者は語る!ダメンズウォーカーを卒業する方法

ダメンズウォーカーを卒業する方法は
家庭環境や経験によってそれぞれ微妙に違うので、
みんなが同じ、というワケではありません。

ですので、本当に卒業するには、
出来れば、個人セッションが望ましいと思います。

しかし、多くの女性に共通する卒業プログラムもあります。
今回は概略になりますが、その方法を一部書いてみたいと思います。

①「自分を大切にする」という概念を持つこと

まずは、「自分はもっと幸せになっていい」と意識改革することが大切。
ダメンズを渡り歩く人は、往々にして自己肯定感が低いのです。

②「お父さんからもっと愛されたかった」
という願望を手放すこと

お父さんがダメンズ…と言う女性の中には、
「もっと愛されたかった」という気持ちがあるばかりに、
父親と同じような男性ばかりを選んでしまう人もいます。
しかしそれでは、いつまで経っても幸せになれない可能性が。

そんな人は、
「わたしには足りなくても、お父さんはお父さんなりに一生懸命やってくれたんだ」と
父親に対する願望を完結させてしまうことです。

アナタが本当に求めていることを、男性から得たいなら、
「どんな男性であれば、それが叶うのか」
を一度冷静に分析してみましょう。

「何でもワガママが言えて、贅沢させてもらいたい」
といった、非現実的な願望でない限りは、
きっと、叶えてくれる男性がいるはずですよ。

そして、これもたまにあるケースなのですが、
お父さんが社会的に立派で、期待が重すぎるが故に、
反発から真逆のダメンズを選んでしまう人もいます。

そのようなケースも、
やはりお父さんへの願望が根っこにあります。

その場合も
「お父さんがもっとこうだったらよかったのに」
を卒業することが肝心です

③ お祖母ちゃんやお母さんの男性への接し方を
冷静に判断すること

女性が、女親を客観的に見るのって、案外難しいですよね。
親孝行な人ほど、お母さんを少しも否定したくはありませんから。

でも、自分の幸せのためには、
やはり女性は、女親を冷静に客観的に見ることが必要なのです。

もし、お祖母ちゃんやお母さんが夫や息子を甘やかし、
自らダメンズを製造してしまっている、と思えるのであれば、
そのやり方を参考にしてしまっては、アナタも幸せにはなれませんよね。

親を反面教師にすることと、
親に感謝をすることは別物だと思います。
親の考えを、ただ鵜呑みにすることが親孝行なのではありません。

親からいかに学んで幸せになるかの方が、
わたしはずっと親孝行だと思っています。

④「本当は男性に何を望んでいるのか」を
ちゃんと見つめること

これだけは間違いないことですが、
なんとなく、流されるままに恋愛をしていては、
いつまで経っても、ダメンズウォーカーを卒業できません。

アナタが本当に男性からして欲しいことは、何でしょうか?
まずは、本音を紙に書き出してみましょう。
そして、叶えてくれる人とはどんな男性なのかを
よく考えてみることです。

そうすれば、まずは
アナタの「理想の男性」のイメージが作れますよね?

ダメンズウォーカーの女性の多くには、
そういった認識が足りません。

女性として幸せになりたいのであれば、
求められるままに刹那的な恋に走るのをやめ、
自ら、幸せにしてくれる男性を選ぶ意思を持ちましょう。

⑤「男性に頼る」ことを覚えること

ダメンズウォーカーの多くは、男性に頼るコトが苦手。
男性を根本的に信頼出来ない人が多いかもしれません。

でも、何でも自分でしてしまうから、
逆に、甘えられ頼られてしまうのです。

それが苦しくて、毎回別れるのに、
また同じような人を選んでしまう。

その悪循環こそ、断たなくてはいけません。

ココは、とても肝心な所なのですが、
「完璧に頼れそうな男性だったら頼る」というのでは、
いつまでたっても相手が見つからない可能性があります。

それよりも、
男性は女性から頼られてこそ、
成長する生き物であることを知るべきです。

つまり、「いい男」を見つけたいなら、
まずは、男性に頼ってみることが肝心。

何故なら、ちょっと頼ったら、スグに逃げてしまうような男性では、
そもそも女性を幸せになど出来ないからです。

ダメンズを見過ぎてしまった人は
それがトラウマとなり、
男性を信じることが怖くなってしまった人もいるかもしれません。

しかし、これから新たに男性と幸せになりたいのであれば、
恐かろうと、不安だろうと、
やはり、勇気を出して男性を信じてみることが大切なのです。

如何でしたか?

自他ともに認めるダメンズウォーカーだったわたしが、
今こうして結婚し幸せになれたのは
かつて、本気で自分と向き合った成果だと思っています。

自分と向き合うのは、辛いことでもありますが、
未来の幸せには代えることが出来ません。

ダメンズウォーカーをアナタも卒業しませんか?
よかったら、ご相談にいらしてくださいね!

 

 

ヒーリング・美容整体「レボルシオン」

女性が落ち着ける空間をご用意しています。
ぜひ一度ご覧くださいませ。

https://revolucion.jp

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。