珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

【連載】年下の夫を「立派な男」にする秘訣 vol4

 

ヒーラー・美容整体師・女のしあわせ研究家の珠艶です。
連載vol4では、前回に引き続き、
年下の夫に、デキる男に成長してもらうための付き合い方をご紹介。

今回は、年上女房の「ココロの在り方」について、

わたしの体験をベースにアドバイスしたいと思います。

■ 自分の年齢をコンプレックスに思わない

夫が若いと、自分の年齢をコンプレックスに感じる時がある…

彼がまだ若いから、つい浮気が心配になってしまう…

歳の差カップルの女性の中には、そんな悩みをお持ちの方もいます。
実はわたしも、初めの頃はそうだったかもしれません。

結婚前、すでに40代後半だった私は、
夫の実家から、年齢を理由に結婚を強く反対されました。
それは、それまで一度も、

年齢をコンプレックスに感じたことがなかったわたしの、はじめての壁でした。

それをどう受け止めていいかわからず、
夫にフラストレーションをぶつけてしまったことも。

「わたしがもっと若かったら…」
「子供が産めるような年齢であれば…」

ある日夫の前で、タラレバ言いまくり泣いてしまいました。

すると夫は、

「そんなに卑屈にならないでよ!!
僕がちゃんが良くて選んだんだ。だから堂々としていて欲しい」と。

確かにそうだ…わたしが卑屈になってしまったら、
わたしを選んでくれた彼も否定することになっちゃう。

それ以来、年齢をコンプレックスに考えるのをやめたんです。
わたしはわたし。一生懸命生きて来た自分に自信を持とう…

彼が年下だからと、浮気の心配もしないことにしました。
夫を疑うより信じていた方が、無駄な夫婦喧嘩もありません。

実際に、一緒に暮らして10年近くなりますが、
今までに、浮気のトラブルはゼロです。
それはいつもお互いを信頼し、仲良くする努力をしているからだと思います。

■  世の中の「普通」と照らし合わせない

今までの日本の夫婦の多くが、
同年代か、男性の方が年上、というパターンですよね。
歳の差カップルの関係においては、
その方々が作って来た「普通」に当てはまらないことが色々あります。

もし、「普通、夫婦ってこうじゃない?どうしてうちは違うのよ」と

いちいち思ってしまったら、不満なんかいくらでも出てきてしまう。
喧嘩だって増えてしまうでしょう。

大切なのは、他人とは違う自分たちの「常識」をいかに作るかです。
夫婦は、二人で仲良くしていられることが一番なのであって、
多くの人と同じであることが大切なわけではありません。

「わたしたちはこれでいい」を、作り上げることが出来れば、
みんなと同じでないからこそ、結束も強くなりますよ。

■ プライドより「ココロの余裕」を持つ

キャリアのある女性は、女性であっても高いプライドがあります。

年下の男性は、そこを尊重してくれるからこそカップルが成立するのですが、
だからと言って、女性が「自分のプライド」ばかりにこだわり、
男性のプライドを無視してしまっては、長い結婚生活がうまく行きません。

例え年下であっても、多くの男性には女性以上のプライドがあります。
妻が、「男の尊厳」を尊重してあげない限り、

夫が、実力を発揮出来なくなることもある。
尊重してもらえないストレスから浮気に走ったり
妻に対し、反発を繰り返す場合もあります。

わたしも若い頃に失敗経験がありますが、
年下の夫とうまくいかなくなってしまった人の、多くの原因がこれです。

そこで、わたしが年上女房の皆さまにおススメしたいのは、
プライドより「ココロの余裕」を持つことです。

人生のキャリアを生かして、「ココロの余裕」を持つことが出来たなら、
目の前のプライドに、そんなにこだわらなくてもよくなります。

それは、経験を積んだ年上の女性にしかできないことでもありますよね。
もしも、そんな女性になれたなら、きっと男性はアナタを離さないことでしょう。

次回に続く♡

 

ヒーリング・美容整体「レボルシオン」ホームページ

女性が落ち着ける空間をご用意しています。
ぜひ一度ご覧くださいませ。

o1500067814187879352.jpg
https://revolucion.jp

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。