珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

「天使過ぎる女性」の共通点

 

こんにちは!
女のしあわせ研究家の珠艶です。

いよいよ年末押し迫って参りました。
皆さま、お忙しくお過ごしのコトと思います。
今年のラストスパート、

お身体にはくれぐれも気を付けてお過ごし下さいね。

さて、今日の本題です。

最近、「天使過ぎる〇〇」などというワードを

よく見かけるようになりましたが、

スピのプロでもある私としては、
「ちょっと天使の乱用じゃないの?」

な~んて…複雑な気分になったりいたします…

現代の日本人には、海外のような宗教観がないですから
難しいことを言っても仕方がないのですが…

でも、世の中には本当に「天使のようだな…」と感じる人もいます。
私も人生の中で、何人かそういう方とご縁があり、
今でも心に焼き付いている方が多いです。

今回は、そんな「天使のような人」の共通点を書いてみましょう。

■ 人に何かしてあげるコトが好き

「天使のようだな…」と感じる人は、

計算ではない、根本から湧き上がるサービス精神を持っています。
ですので、プライベートにおいても
人のために何かをせずにおれないし、

そうしていないと逆に疲弊してしまうのです。

でも、最近は科学的にも、
「他人の幸せを願う時、人間の脳は強く幸福感を感じる」

という研究結果が発表されているようです。

人のために奔走する「天使のような人」ほど
本当の幸せを感じているのかもしれません。

■ 人の痛みをわかってあげられる

「天使のようだな…」と感じる人は、
何かしらの苦労を乗り越えている人が多いです。

本当の天使は、純粋で何も傷がないイメージですが、
人間はやはり、様々な経験を積まないと
他人の痛みをわかってあげることが出来ません。

痛みがわかるからこそ、
人を救うレベルの優しさが発揮できるだと思います。

また、天使のような人の大きな特徴として
「苦労をしたり悲しみを乗り越えているけれど、ココロが歪んでいない」
というコトがあります。

喜びも悲しみも、経験を積めば積むほど

魂が磨くことが出来た人、と言えるかもしれません。

■ ズルくない、ウソをつかない

一見天使っぽく見えたり、天使のような発言をするけれど、

実際は、「お腹の中はエゴの塊」という人もいます。
そういう人は、天使のような振る舞いだけを覚えてしまったのでしょう。

天使のような人とは、
人を自分のために利用しない人です。

また、自分の利益のために人を翻弄させたり、

ウソをついたりしない人でもあります。

■ オーラがキラキラしている 

天使のよう…と言っても人間ですから、

全くネガティブな感情がない、ということはあり得ないでしょうが、

天使のような人は、思慮深くて優しいのに、

感情が重くありません。
波動が軽い感じといいますか…
そして、笑うとオーラがぱっとキラキラする人が多いです。

私の感覚かもしれませんが、
オーラを見ると、その方のココロの状態がだいたいわかります。
本当に天使のようであれば、オーラがとても清浄なんです。

だから、一緒にいるだけで気持ちが安らぎ、

救われるような気分になれるのでしょうね。

如何でしたか?

本当は「天使過ぎる」って、

見た目だけじゃなく(見た目も大事かもしれませんが)
こういう人のコトを言うのではないかと思います。

気難しいコトを言っちゃいましたが、
スピリチュアルのプロとしては、やはりはずしてはならないこと。

ぜひ、本物を目指して行きたいですね。

 

ヒーリング&美容整体
レボルシオン

https://revolucion.jp

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。