珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

「プライドが高い男性」との付き合い方

 

こんにちは!女のしあわせ研究家の珠艶です。

男性は元々“プライドが高い”生き物。
それ故ちょっと扱いが難しい人もいますよね。

ちょっとしたことでカチンときて機嫌が悪くなるから、
スゴク気を使わなくちゃならない…

女性にしてみれば、ほんっとめんどくさいデス。

「それ、うちのダンナ!」と

おっしゃる方もいるかもしれませんよね…。

私の父親もこのタイプでして…

若い頃は、父親に似ている男性ばかり選んでしまっていたので、
プライド男子はいっぱい経験があります(笑)

先に弁解しておきますと、
現在の夫の大智さんはそういう人ではありません。
今までで一番コミュニケーションがスムーズ!
やりとりがラクちーん!

カレも男性だからプライドは高い方だと思いますが
私がかつて経験した

「横綱級プライド男子」に比べたら可愛いもんデス(笑)

夫の話はさておき、
「プライド男子」とうまく付き合うにはどうしたらイイのでしょうか?
私の経験を元に、ご紹介してみたいと思います。

 

  プライド男子ふたつのタイプ

プライド男子の中には、
過去、プライドを傷つけられてしまったトラウマから、
どんどんプライドが強固になってしまった、という人もいます。
このタイプの男性であれば、
身近な人をココロから信頼するようになれば

徐々に態度が緩和して、

少々のコトで機嫌を損ねなくなる可能性があります。

やっかいなのは、子供の頃からプライドが高く、
お母さんが、ひたすら甘やかして育ててしまったケース。
こういう人は、確実に「自意識過剰」になっています。

しかも、機嫌を損ねぬよう接してもらうことが当たり前なので、
考え方や態度を変えるのは、なかなか難しいでしょう。

 

◆  プライド男子の本音

彼らは、本当はどこか自信がないのです。
「もっと自信持てばいいのに…」と思うのですが
様々な理由でそうなってしまったのでしょう。

プライドはある意味、繊細な自分を守るための鎧なんですね。

だから、ちょっとしたことにも「俺をバカにしている」と過剰反応してしまい、
ムスッとしたり、逆ギレしたりして、

「どうして俺をわかってくれないんだ」と抗議しています。

 

◆  腫物をさわるように接しないこと

プライド男子は、ちょっとしたことでもプライドが傷つくため、
しょっちゅう不機嫌になったり、黙り込んでしまったりします。

それだけならいいのですが、
逆切れして人の攻撃をする人もいます。

そうすると家族はどうしても

腫物をさわるように接するようになります。

しかし、これは得策ではありません。
そうすると、確実にプライド男子の「わがまま」が増長します。
何故なら彼らは、自分のプライドを守ることに必死。

周りの気苦労を察するココロの余裕までないのです。

◆ 機嫌が悪くなったら「私、アナタのことを否定してない」と言ってあげる

彼らは、何気ない一言にも過剰に反応、勘違いをします。
繊細な自分を守るため、「否定されている」「劣っていると思われてる」と

つい悪い方に考えてしまう。ひとつの防衛本能なのかもしれません。

ですので、その勘違いを修正する言葉を、常にかけてあげるといいんです。

そうすれば、「どうして俺はいちいちカチンと来てしまうんだろう…」
と少しずつ疑問に思うようになります。

機嫌の悪さにビビって、勘違いを放っておいてしまうと、

「やっぱり俺を劣っていると言いたいんだ」と

益々ガードを固くしてしまうでしょう。

◆ 本人が「自信喪失」するようなコトを、人前で言わないようにする

現実的な女性は、「ホントのこと」をつい悪気なく他人の前で言ってしまいがち。
例えば、夫がいる前で「うちは、私の方が稼いでますから」みたいな。

でもこれをやってしまうと、プライド男子はどんどん傷ついて意固地になります。
中には本気でスネて、ココロが歪んでしまう場合も。

私も昔は、気付かずやってしまっていた時代があるんです。
プライド男子が徐々に卑屈になり、

最後は働かなくなってしまって、離婚した経験もあります。

◆  「褒める言葉」「承認する言葉」は絶対必要

プライドは日本語で言えば自尊心です。
ですので、プライド男子とうまく付き合うには、
やはり自尊心を満たすコトを言ってあげる必要があります。

彼らは、自尊心を満たしてくれる人を信用します。
まずそこを叶えてくれる人でなければ、心を開きませんし耳も貸しません。

「すごいね!」「うまいね!」「頑張ってるね!」「流石ね!」
出来る限り言ってあげた方がいいでしょう。
これは、「人のいい所を見つける訓練」にもなりますよ。

まずは、充分に認めてあげる。それが付き合い方のベース。
話をしていくのはそこからです。

「そんなに何でもカチンときていたら、自分が疲れちゃうんじゃない?」
それで充分。きっと考えるはずですよ。

そういえば昔、「横綱級プライド男子」に
「プライド高すぎ!それじゃ自分が大変だよ!」
とズバリ切り込んだコトもありましたね…。

結果、なんて言われたと思います?

「もっと言って!!!」

さすがに軽く引きましたが(笑)
プライド男子は、そのプライドの高さを
本人が一番悩んでいるということなのかもしれません。

 

ヒーリング&美容整体
レボルシオン


https://revolucion.jp

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。