珠艶のサロン『レボルシオン』はこちら!

親にトラウマがある女性の恋愛克服法③

*これまでの記事親にトラウマがある女性の恋愛克服法①
        :親にトラウマがある女性の恋愛克服法②

 

親にトラウマがあるのに

父親と似ている男性を選んでしまう女性の中には

「本気で破たんしている男性」
を引き寄せてしまう人もいます。

つまり、生活が破たんしてしまったり
多大なストレスが及ぶレベル。
これではさすがに困ってしまいますよね。

では、どうしてそうなってしまうのか。
ここには人の意識の「慣れ」や「安心感」というものが
深くかかわっているような気がします。

子供の頃から見て来た父親
母親から聞かされたお父さんの悪口は
「ひとつの男性像」として意識の中に刻まれています。

強烈な記憶であればあるほど
深く潜在意識に刷り込まれているのです。

その男性像はおもしろいもので
「嫌悪感」があるはずなのに、同時に「安心感」もある。

なぜなら、自分の父親が由来しているから。

例えば、お父さんがダメダメだった女性が
「私はお父さんより立派な男性と一緒になりたい」
と思っていたとします。

でも、自分の記憶にないような男性から
「愛される」イメージや自信をもつのは
なかなか難しいことです。

逆に「ダメダメな男性から愛されるイメージ」は
無意識に出来てしまうんですね。

はい、私も昔はそうでした。

でも、この意識のとらわれからいかに脱出するかが
幸せになるためとても重要なことだと思います。

そこで、おすすめの方法がふたつあります。

 

◆ ひとつは
「本気で懲りること」

子供の頃からの「とらわれ」を自ら懲りるには
やはり「失敗の経験」を複数重ねる必要があります。
なので時間がかかりダメージもありますが、
懲りるまでやらないと納得できない方もいらっしゃいますね。

 

◆ もうひとつは
「ヒーリングで過去の記憶を癒すこと」

本当の自分が行きつくべき幸せに向かって
進めるようになるためには
過去の重たい記憶や歪んだ男性観を癒し
浄化することが大切です。

うちではあまり使わない言葉ですが
「カルマ的なものを解消する」ということにもなります。

この解消を自分の経験だけでやっていく方もいるのですが
ヒーリングを活用することで
圧倒的に「意識改革の時間」が短縮します。

以前、心理カウンセラーのお客さまから
「カウンセリングだけでは10年かかることが
ヒーリングを併用することで2~3年に短縮できるのは驚きです」と伺ったこともあります。

私はある程度まで実践型でしたが
もう自分ではわからないレベルまで行ったところで
ヒーリングと出会いました。
アラフォーに入った頃のことです。

そこから、ものすごいスピードで変化がおきて
出会う男性が変わり
「私に本当に合っている男性とは?」
を見極められるようになりました。

ヒーリングのパワーは宇宙や大自然の恩恵。
つまり、「肉体の親」の更にもっと外側に存在する
「魂の親」からのエネルギーを得ることと同じ。


でも、私たちは元々本来大いなる宇宙と繋がっている。
ヒーリングを受けるということは
自分のルーツへのブロックを開けるということ。

受けたら「な~んだそうだったのか!」という感じ。
自分の中から重たい荷物が
根っこからなくなっていくのがわかります。

私がヒーリングを活用したほうがよいと思う理由は
みんな「人生の時間には限りがあるから」。
特に女性には「旬」というものもあります。

一日でも本当の自分で
すっきり生きられた方がいいのではないかと。
「私にも幸せを掴めるんだ」
と、一人でも多くの人に感じてもらいたい。


そう願ってやみません。

 

<次回に続きます>

 

美容整体
ホリスティックヒーリング
カルチャーサロン

レボルシオン

https://revolucion.jp/

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUT US

じゅえん
ヒーラー・占星術師・美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。