新世代の「夫婦円満」その秘訣

 

先日書かせていただいた

パートナーは魂で選ぶ時代 ⇩

パートナーは魂で選ぶ時代

2015.05.06


に、ご反響をいただき、
ありがとうございます ラブラブ

ちょっと照れちゃいますけれど嬉しいです ラブラブ!

いい夫婦関係を創造したい

と、過去半世紀あまり

ずーーーーーーーーーーっと願っていた私。

何故なら、私の両親は熟年離婚をしているんです。
そうなるまで続いた
親の長い家庭内離婚生活。

長女の私は、若い頃そのことでいつも葛藤。
母が何かと泣いていることに対し

「いったい誰が、何が悪いのか」

そんなことばかり考えていました。

祖母や祖父を責めたり、父を責めたり、
自分を責めたり。

でも、散々原因を追究した結果、

みんなそれぞれ、こうなってしまった理由がある。
本人なりに一生懸命生きただけ。

だから、誰も悪くない

そこに行きつき、ぐったり叫び

そこから

「持続型仲良し夫婦」を目指すには
今までの常識をくつがえすことが必要

と考え始めたのです。

しかしながら、
家族に対する価値観の元は、
どんな方も実家の家庭環境にあります。

頭でわかっていても
細かいことまでしみついているものの考え方、
そう簡単には変わりません。

かく言う私も、
その後もなかなか簡単にはいきませんでした。

例えば、

若い頃の私は、男性になかなか本音を言えませんでした。
不満があっても常に我慢。

我慢は美徳と信じていました。
だからと言って、母の時代の女性のように
我慢をつらぬくことも出来ない。

不満が溜まりにたまり、
やっと本音を言えた時には
すべて取り返しがつかないほど爆発 爆弾

終了~ ショック!

(私だけでなく、そういう女性、多いのではないでしょうか?)

それを何度も繰り返し
それはそれで傷だらけになって

それじゃ幸せになれない!

と本当に懲りました。

40代になり、
数々の失敗を経た末に
やっと見えて来た境地。

新しい時代と、
自分に合った夫婦関係を目指そう、
そう決意しました。

 

新・夫婦円満の秘訣

*いつも本音でフラットに話し合う
*お互いに対する思いやりを言葉と行動で示す
*必要以上に我慢をしない、問題は早めに相談
*お互いの世界観を尊重する
*精神的に自立する(特に親から)


フラットに男女が話し合うためには、
やっぱり本当の自分を受け入れていなければ難しい。

必要ないプライドも、もういい加減手放さなければ!
そこから、自分の内観に本気になったのです。

そして、今の私があります。

私たち夫婦も完璧じゃありませんが、
夫婦間の風通しがよく、とてもスムーズ。

たとえ喧嘩をしても、
一日でコロリと仲良くなります。

一番の友達であり、
最優先の家族であり、
最も信頼を寄せる相手です。

能の構造や本能が違う男女が理解し合うには、
本当にパワーが必要だと思います。

でも、世の中で最もパワーを使う価値があることでもあると、
私は自信を持って言いたい。

だって、

そこから学べることは無限大!

ある意味、

仏の道に通ずる。

そのことは、またいつかお書きしたいと思います。

長い文章を読んでいただき、
本当にありがとうございますニコニコ

 

美容整体
ホリスティック・ヒーリング
カルチャーサロン
レボルシオン

  

ホームページはこちらをクリック ↓


https://revolucion.jp/

珠艶の『 女のしあわせ研究室 』

ABOUTこの記事をかいた人

ヒーラー、美容整体師、女のしあわせ研究家 珠艶(じゅえん)。 宮司の家系に生まれ、30代で整体師、40代でヒーラーとなる。 東日本大震災を期に、ヒーリングサロン「レボルシオン」を東京麻布十番から仙台に移転。羽黒山伏である夫と共に、クライアントを愛と光のある人生に導く。 長年に渡り「男女の愛」を研究、縁結びヒーリングを得意とし、全国から顧客が訪れる。 著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。